記事一覧

道具のカテゴリー記事一覧

メイン

これは便利!キャンプ道具の収納と持ち運びに出前箱






せっかくの3連休の2日目。


雨で出かける気にもなれず・・・


暇だから出前箱の話でも。





キャンプを始めた時、って言っても去年だけど、


RVボックスにキャンプ道具を入れて持ち運んでいた。


RVボックスはそれなりに容量もあるし丈夫だし、それはそれで良かったのだが、


使い勝手が悪い。


上から入れるボックスって、どうしても重ねる入れ方になるから、


下の物を出すのに上の物を一度退かしたり、何か取り出す毎に崩れていって


何がどこにあるか分からなくなったりする。


重ねなきゃいいじゃん!と思っても、重ねないと持っていくのにRVボックスが2個必要になる。


だったら重ねてある道具を現地で出しとけば。


と、お洒落キャンパーみたいにコーナンラック的な物を持っていって


それに頻繁に使うクッカーやカップ、ライターやナイフ等の小物とかを


RVボックスから出して置いておく。


まぁ、使いやすくなったが・・・


いちいち面倒くせー!


ラック一つ荷物増えてるし。


しかも場所取るし。


大体、上からアクセスじゃなく横からアクセス的な収納箱ってないの?


持ち運びが出来る、食器棚が小さくなったような奴・・・


探してみるとあった!


本来の用途は違うが出前箱!


D75_0682 (2)


まぁ、運ぶって所は一緒。


フタは背中側に引っ掛けておけるから、フタを外しておけばいつでも取り出せる。


D75_0681 (2)


こんな便利で使い勝手の良い収納箱があるんじゃん!


収納量はRVボックスと比べればいくらか落ちるが、ソロなら全然問題なし。


片手で運べるって所もいいね。


見た目を気にしなければ、キャンプ道具の収納と持ち運びには出前箱が一番!




コメントの投稿

非公開コメント

デロンギ マグニフィカS 全自動コーヒーマシン






ねこぱんちゃんは基本隔週で土曜+日曜日休み。


ここんとこ忙しくて、先週の金曜日に休んで土曜日から今日まで働き


やっと日曜日。


今週は長かったな・・・


って・・・


明日の日曜日も仕事になった!


今週は休み無し!


果たしてお盆は休めるのか!?





そんな中、勤続年数に応じて会社から頂いたJTBたびもの撰華。


J5DSC_3640.jpg


木の箱に入っている豪華な奴。


高級ホテルだの旅館も良いが、一番気になったのがコーヒーマシン。


今年に入ってカリタのネクストGという電動コーヒーミルを購入して使っていたが、


コイツはあくまでコーヒー豆を挽くだけ。


ところがこのコーヒーマシンは豆と水を入れておけば、ボタンを押すだけで


勝手に豆を挽いてコーヒーを入れてくれるという優れもの。


早速注文してしまった。


そして本日到着。


デロンギ マグニフィカS


J5DSC_3613.jpg


ブラックボディでカッコいい!


J5DSC_3616.jpg


エスプレッソのうまみとドリップのすっきりした後味を融合した「カフェ・ジャポーネ」機能搭載。
豆をハンドドリップのように蒸らしながら抽出。
芳醇な香りとうまみを凝縮した一杯を楽しめる。


ミルクフロッサーもついていて、ふわふわミルクも簡単に作れる。


カプチーノやカフェラテもお手のものらしいから、気が向いたら挑戦してみよう。


大きさはW238×D430×H350


コンパクトとは言えないが、それほど大きくもなく丁度いいくらいか。


パソコンの横にセットし、豆や水を入れてスタンバイ。


J5DSC_3628-1.jpg


初期洗浄を済ませ、早速一杯入れてみる。


ボタンを一つ押すだけ。


J5DSC_3632.jpg


美味い♪


濃さや量は自分好みにカスタマイズ可能。


しかも抽出後のコーヒーかすは、カス受けにビスケット状になって出て来るから


処分も簡単だ。





明日から朝起きてお湯を沸かさなくてもコーヒーが飲める!


楽しみ~♪




コメントの投稿

非公開コメント

GARMIN eTrex 30xを購入






踏み跡が明確でない山での下山中、下る尾根がどれだか分からなくなることが何度かあった。


間違った所を下って行き、途中で気がついて戻った事もあった。


そんな時に登山用GPSがあれば迷わずに済む。


選んだのはGARMIN eTrex 30x。


N75_4937 (2)


これがあればログ記録を頼りに原点復帰が出来る。


山で迷った時に元の位置に戻れるって事は心強い。


購入したのは並行輸入の英語版。


なぜ英語が出来ないくせに並行輸入の英語版かと言うと安いから!





まず日本正規品のeTrex 30xJというのがあるが、これはもちろん日本語で日本全国地図内蔵で65000円前後。


日本正規品だから安心だけどちょっと高い。


次にeTrex 30x日本語仕様というのがcity+山岳詳細地図入りで43000円前後。


これはショップがeTrex30xを日本仕様にカスタマイズした物。


ショップオリジナル?の山岳詳細地図が入っているのは魅力だが、まだちょっと高い。


そして並行輸入の英語版は25000円。


これは完全に米国仕様。


しかし自分で日本語仕様にできて、しかも国土地理院地図が使えるようになるらしい。


よし、これなら買える!


って事でアマゾンでポチッ。


なんとか日本語化&地図導入も成功。


N75_4936 (2)


日本語化や地図導入はググればなんとかなるが自己責任で。


つーか、ホントはスマホで十分かも(笑)




コメントの投稿

非公開コメント

MILLET UBIC 30  ミレー ウビック 30






今までdeuterのaircontact 45+10を背負っていた。


DSC_1522.jpg


このdeuterのaircontact 45+10は、腰でしっかり背負えたり、外に色々付けられたり、


2気室構造だったり、とかなり気に入っているのだが、


近所の低山で山飯食べてくるくらいでは大き過ぎ。


バックパック自体の重さも2420gと重め。


もう少し小さくて軽いの欲しいな~!


と、MILLETのUBIC30に目をつけていたら、タイムセールで安くなったUBIC30を発見。


この値段ならと、思い切って購入。


先週早速背負ってみたらなかなか良いね。


DSC_8649.jpg


1180gと軽量で、大きさも丁度いいし、なにしろ派手!(爆)


これも2気室構造で腰で背負えるタイプだけど、deuterのaircontact45+10ほどガッチリしていない分、動きやすい。


サイドポケットは左が水筒用っぽい縦差しで、右はチャック付きでマップ用っぽいが、


縦差しの方はコンプレッションストラップが付いてなくて水筒を入れるとお辞儀体制になった時落ちそう。


右のチャック付きに入れた方がベスト。





実はこのUBICはピッケルやスノーシュー、スキー板やトレッキングポールなんかを装着できるらしい。


多機能なのに使わないのは勿体無いが、スノーシューくらいなら装着する事があるかな。




コメントの投稿

非公開コメント

UNIFLAME 山フライパン17cm 深型






山頂でカップラーメンを食べたい!


山登りを初めてから、バーナーやクッカーを購入するきっかけはこれだった。


やっとの思いで登りきった山頂で絶景を眺めながら手っ取り早く暖かい物が食べられる。


それがカップラーメン。


山頂でわざわざお湯を沸かさなくても、サーモスでお湯を持っていけば食べられるが、


そんな味気ない話は置いといて、クッカーの話。


よく、失敗しないクッカー選び!とか、登山に持っていくクッカーはこれで決まり!だの、


そんな大それた話ではなく、あくまでねこぱんちゃんの個人的な話。





一番最初に買ったのはプリムスの縦長のクッカー。


はじめのうちはお湯を沸かしてカップラーメンを食べ喜んでいたが、そのカップラーメンに段々飽きが来る。


そうなると次は即席ラーメンを作って食べよう!となる。


DSCN0194.jpg


美味い!


美味いけど・・・縦長だから・・・作りづらいし・・・食べづらい・・・





色々調べると、登山は軽さが正義!みたいなとこあったりして、

エバニューのチタンクッカーを購入。


これは鍋型で蓋がフライパン代わりになるやつ。


この鍋型は即席ラーメンが作りやすい。


DSC_6765.jpg


ただチタンは焦げやすいから注意が必要。


即席ラーメンに慣れて来るともう一品欲しくなり、蓋のフライパンでウインナーや目玉焼きを焼くのだが・・・


注意しててもチタンだから焦げるのだ。


いくら軽くても焦がしてばかりじゃ楽しくない。


軽さが正義では無い事を知る。





そして焦げないフライパンを探す事になるのだが、この頃にはラーメンに飽きが来ている。


焼きそばだのパスタだのを視野に入れながらちょっと大きめのフライパンを探す。


そして見つけたUNIFLAMEの山フライパン17cmのノーマルタイプ。


DSC_7916.jpg


アルミニウムにフッ素樹脂加工でちょっとした炒め物や焼き物には良いのだが・・・


縁が低い為、炒め物で野菜等が飛び出すのだ。


もやしとかって飛び出しやすく、飛び出すたびに拾い集めて・・・って、結構ストレス。


より快適に作る為に、ここで悩むのが大きくするか深くするか。





結局煮込む事も考慮して選んだのが


UNIFLAMEの山フライパン17cm深型。


深さがあるから、炒め物で野菜が飛び散らない!


DSC_7951.jpg


これがあればラーメンも煮込みうどんも鍋も焼きそばもなんでもカバーできる。


アルミニウムでフッ素樹脂加工がしてあるからチタンほど焦げやすくは無い。


そんなこんなで今の山飯の相棒はUNIFLAMEの山フライパン17cm深型!




コメントの投稿

非公開コメント

風がない日は超軽量ガスバーナー






今日は近場で!



と、久しぶりに大桁山。



大桁山に行くにはもちろん自転車。







木漏れ日が神々しい!



車で来た場合は、登山口までいくらか歩かなければならないが自転車なら登山口まで行ける。



登山口からは30分くらいで登れてしまうお手軽登山だ。







山頂からの展望は少し残念だが、妙義山と関東平野方面がいくらか見える。









お昼にはカップラーメン。







今日は出てくる時風が無かったからBRS超軽量ガスバーナー25gを持ってきた。







火力も2700Wと十分だから、数分でお湯もちゃんと沸く。







シンプル&コンパクト&超軽量で、風さえなければコイツが最強だろう。






食後にコーヒーを飲みながらデザートを食べ、



誰も居ないのをいい事にベンチで横になりウトウトしていると



熊鈴の音が聞こえて来る。



その人達に山頂を明け渡し、栗を撮って遊びながら下山。







暖かくて良い1日だった。





にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへにほんブログ村


























コメントの投稿

非公開コメント

風には強いバーナーはコレ!







ズバリ防風付き!







これに鍋を載せると







ナイスフィット♪



この日はかなりの強風だったが、風が入り込む隙無し。



この防風板は可変式だからクッカーの大きさに合わせて変えられる。



かなり使えそうなバーナーだが、ネックはその大きさと重さ。



収納時 : 直径120mm×高さ120mm 重量:約470g。



それさえ許せれば火力は2800Wと十分だから風が吹き荒れる山頂で、



熱々の鍋焼きうどんが楽しめる♪







低山だったから持っていったが実はキャンプ用。





下仁田町 骨立山(古嶽山)にて






にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへにほんブログ村










コメントの投稿

非公開コメント

風に強く寒さに強いバーナー SOD-310






登山に持って行ってるバーナー。



SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310







風に強く、寒さに強いらしい。



風のある日に使ってみたが、確かに風に強い。



寒さに強い理由はマイクロレギュレーターを搭載しているからだとか。



別売りの4本五徳で大きめの鍋でも安定して調理が出来る。



2,800kcal/hの火力でお湯が湧くのも早い気がする。



これから寒くなるにつれて、山頂で鍋だの鍋焼きうどんだのが楽しみ~♪




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

ロードバイクにスタンド



ロードバイクにスタンド。


めちゃくちゃ便利♪





+350g?


違いがわからない(爆)






にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこぱんちゃん

HN : ねこぱんちゃん

 週末に好きな事して
  自己満足するブログ♪

  山に登ったり
  滝を見に行ったり
  穴に潜ったり
  キャンプをしたり
  Runningしたり
  自転車乗ったり
  バイクで出かけたり
  写真を撮ったり

 好きな事こそ原動力!

 外に出れば冒険が始まる!

ランキングに
参加しています

ポチッとお願いします

アクセスカウンター