記事一覧

ジオパークのカテゴリー記事一覧

メイン

西上州・下仁田ジオパーク・川井の断層






今日は朝から二十数年ぶりにブラックバス釣り。


j5DSC_3655.jpg


釣れなかったけど。





今日は台風一過で快晴。


山に登ったら確実に気持ち良さそうだ。


って事で、早々と釣り竿をしまい、御堂山に登ろうと行ってみる。


車を止めようとしていると、登りっ口の家のおじさんが


「山登りかい?ヒルがウジャウジャいるからやめた方がいいよ。」


と話しかけてくる。


おばさんも


「半袖なんかで行ったら酷い目に遭うよ。」


そしておじさんは


ここ3,4年でヒルがかなり増えた。
畑仕事しててもヒルにやられるようになった。
この前マイクロバスで来た団体も1時間で降りてきたから早かったね!と言ったらヒルが凄くて引き返してきたと言っていた。


と話してくれた。


すっかり戦意喪失して、山は諦め下仁田ジオパークの川井の断層へ。


d750D75_1366.jpg


井川の断層は中央構造線が見える。


d750D75_1381.jpg


ちょっとわかりづらいが、手前(下)は三波川結晶岩の緑色片岩で奥(上)は下仁田層の砂岩。


d750D75_1373.jpg


中央構造線は九州から関東まで1000km以上続く断層で


川井の断層は地表ではっきり見られる場所らしい。


対岸に回ってみると


d750D75_1408.jpg


はっきりと岩質の違いがわかる。


下仁田層側には二枚貝や巻き貝などの化石が。


d750D75_1414.jpg


川井の断層を堪能した後は骨立山(古嶽山)の下の川で昼食。


d750D75_1458.jpg


ここは最近ボルダリングで流行っているらしい。


d750D75_1429.jpg


カッコいいい巨石を眺められる木陰にシートを広げる。


今日は炙り焼きチキンの冷やし担々うどん。


d750D75_1442.jpg


間違いない美味さ♪


食後にちょこっと横になったら、涼しくてついウトウト。


昼寝から起きたら、おやつにプチあんドーナツとコーヒー。


d750D75_1451.jpg


山には登れなかったが、天気が良くてよかった。


下仁田、妙義の山は葉が落ちてヒルが居なくなるまで登らない事にしよう。




コメントの投稿

非公開コメント

鶏冠石か?ただの石か?






群馬県の「県の石」の鉱物分野は鷄冠石なんだとか。


下仁田町の西ノ牧鉱山で採れる鉱石で、私有地のため現在は採取出来ないらしい。


どんな石なのか、下仁田町自然史館日記で鷄冠石の写真を見ると、


赤い色の鉱物でちょっと毒々しい感じ。


あれ?これ見たことあるぞ!


って事で、立沢ダムへ。





ちなみに本当は、今日から金土日の3連休のはずだった。


平日を含んだ連休を物凄く楽しみにしていた。


平日休みは年に1回あるかないかだ。


どこに行こうか?土日は混んでる涸沢とか赤岳辺りテント持って行っちゃう?


なんて考えてたら・・・


仕事が忙しくなり土日が仕事になる・・・


せめてもの救いは平日休みの金曜日!


テン泊無理なら日帰り燕岳か?


天気は?


・・・曇り/雨・・・


・・・また次の機会に。





立沢ダムの南の山。


ND750N75_6141.jpg


少し登り、沢に下りる。


確かこの辺に・・・


・・・あった!


ND750N75_6166.jpg


毒々しい赤が入った石!


こっちにも


ND750N75_6152.jpg


石が大き過ぎて沢から出せない。


おっ!これ小さそう。


ND750N75_6156.jpg


掴んで出してみると


ND750N75_6162.jpg


どうなんだろ?


血がたれた様な石だったから覚えていたんだけど、ちょっと違う気がする・・・


分かる方いらしたら教えてください。





山から下り、東屋でコーヒーを飲みながらのんびり読書。


ND750N75_6202.jpg


たまに吹き抜ける風が気持ちいい。





さて、三連休の野望が無残にも崩れ去ったからお昼はやけ食い。


肉たらふく食ってやるぜ~!


見切り品で半額になり740円でこのボリューム。


ND750N75_6206.jpg


かなりお買い得。


しかし家のテーブルの上にお米を忘れてきてご飯無し。


何やってんだか。


ND750N75_6219.jpg


でも望み通り肉をたらふく食べて大満足。


口直しにゼリーも食べたら午後は昼寝。


のんびりした一日だった。




コメントの投稿

非公開コメント

西上州・下仁田ジオパーク・旧上野鉄道鬼ヶ沢鉄橋






千平から下仁田に抜ける小坂坂峠。


その小坂坂峠に旧上野鉄道鬼ヶ沢鉄橋が残っている。


下仁田ジオパークのマップにも記載されている小坂坂峠と旧上野鉄道鬼ヶ沢鉄橋。


上野鉄道大谷川鉄橋が正式名称か。


N75_5231.jpg


道標を頼りに下って行く。


N75_5308.jpg


N75_5311.jpg


上野鉄道は上信電鉄の前身で、明治30年に富岡や下仁田の繭、生糸、蚕等を運搬するために建設されたらしい。


国産の鉄橋としては最も古い時期のものらしい。


今ではトンネルの一部と、この鉄橋が残っているだけらしい。


N75_5242.jpg


って・・・


あれ?


色塗られてる?・・・


以前来た時はサビサビだった様な気が・・・


2015-11-13撮影
DSC_2019.jpg


あらら・・・


色塗られて新しく見えるのに旧って・・・


雰囲気台無し・・・


あと10年くらい経てばまた雰囲気出るかな(笑)




コメントの投稿

非公開コメント

西上州・下仁田ジオパーク・宮室の逆転層






大桑原の褶曲からさらに南牧村方面に進むと、


下仁田ジオパーク⑳ 宮室の逆転層だ。


DSC_4043.jpg


ここは駐車場に車を止めて5分くらい歩き


DSC_4036.jpg


このカッコいい橋を渡って川に下りる。


橋の上からも岩畳が眺められる。


DSC_4042.jpg


川に下りれば逆転層。


DSC_4054.jpg


普通地層は古い物ほど下にあり、上に行くにつれて新しくなっていくが、


逆転層はその名の通り逆転していて、下の地層が新しく上の地層が古くなっている。


なぜこのような地層になるか簡単に説明すると、


先日の記事の褶曲で「Z」型に曲がった場合にZの斜めの部分が平らになると逆転した地層となったり、


逆U字型の褶曲が倒れたりして逆転層となったりするらしい。


ちなみに重くて大きい粒が上で、小さくて軽い粒が下になっている層が逆転している地層だ。


ルーペとか持っていくと分かりやすいかもしれない。




コメントの投稿

非公開コメント

西上州・下仁田ジオパーク・大桑原の褶曲






下仁田自然史館を出て、南牧村方面に向かうとすぐあるのが


下仁田ジオパーク㉓ 大桑原の褶曲だ。


製材所の片隅みたいな所に車を止めて川に下りる。


南牧川も巨石がゴロゴロあって目を奪われる。


DSC_2844.jpg


と、それっぽい地層が現れる。


DSC_2838.jpg


冬の葉っぱが落ちた頃の方が分かりやすいかも。


ここに見えているのは一部分だけらしいが、全体像はかなり曲がりくねっているらしい。


ちなみに褶曲とは、地層に両脇から強い力がかかり、地層が曲がりくねったように変化する現象みたい。


大桑原の褶曲は、クリッペを構成する地層が移動して来た衝撃で大きく曲がってしまった説が強いらしい。


いざ見てみると


DSC_2843.jpg


この部分だけ見て、あ~!なるほど~!と言ってしまうので不思議だwww


実際はこんな感じらしいが


DSC_2838-1.jpg


川を渡れば見れるのだろうか。





コメントの投稿

非公開コメント

西上州・下仁田ジオパーク・跡倉クリッペのすべり面





ここんとこ下仁田の山や滝に行った際に、下仁田ジオパークも巡っている。


下仁田ジオパークを巡る際は、まず青倉の下仁田自然史館に寄って情報を仕入れると良い。


DSC_3655.jpg


ここは廃校になった青倉小学校を利用してジオパークの拠点としている。


ここでジオパークのパンフレットを貰い、ちょっとしたビデオを見て地層について学び、


展示してある石を見て、ちょこっと知識をつけてから巡ると面白さ倍増だ。





そして下仁田自然史館の道反対が下仁田ジオパーク⑲跡倉クリッペのすべり面だ。


DSC_3704.jpg


クリッペというのは根なし山とも呼ばれ、根となる地盤にどこか別の場所から移動してきた地層が


雨や河川や風化により削られて今の根なし山となったらしい。


いきなり山が移動してきたわけではないらしい。


どこから移動してきたのかは解らないらしいが、近くに中央構造線がはしっている事を考えると、


そこら辺に関係がある様な気もしてくる。


そんなロマン溢れる想像にふけるのもまた楽しい。


そしてこれがすべり面。


DSC_3702.jpg


右上がりに走る断層線の上は跡倉層の砂質泥岩で下が三波川系緑色片岩らしい。


滑ってきた時の衝撃で、下の層は粉々に砕けているんだとか。


DSC_3685.jpg


しかしこれだけの規模の地層を移動させる力ってどれだけの力なのか・・・


ジワジワ動いてきたのか、一気にドカンと来たのか・・・


どこから来たのか・・・


解明される日は来るのであろうか。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこぱんちゃん

HN : ねこぱんちゃん

 週末に好きな事して
  自己満足するブログ♪

  山に登ったり
  滝を見に行ったり
  穴に潜ったり
  キャンプをしたり
  Runningしたり
  自転車乗ったり
  バイクで出かけたり
  写真を撮ったり

 好きな事こそ原動力!

 外に出れば冒険が始まる!

ランキングに
参加しています

ポチッとお願いします

アクセスカウンター