記事一覧

すき焼き





2017年2月25日


高峰山の山頂で


DSC_7130.jpg



すき焼きを食す。


DSC_7154 (2)


材料
市販の割り下、ニンジン、シイタケ、えのき茸、春菊、白菜、しらたき、下仁田ネギ、焼き豆腐、牛肉


切った食材をタッパーに入れて持っていき、山頂で煮込むだけ。


うどんを入れて、すき焼きうどんにしても美味しい♪




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

草津に行く途中の気になっていた岩山






草津に行く途中で見えるあの岩山が気になっていた。


DSC_8975(1).jpg


見るからにかぶってる様にしか見えないあの岩山。


丸岩と言うらしい。


しかも登れるらしい。


登れるなら登るっきゃないでしょう!


って事で丸岩へGo~!





八ッ場バイパスから須賀尾峠に入りしばらく上ると丸岩入口。


DSC_8991.jpg


路肩に車を止めいざ出発。


落ち葉だらけであまりよく分からない踏み跡を辿っていくと、途中から石がゴロゴロ。


DSC_8999.jpg


約20分で山頂。


DSC_9013.jpg


山頂からの展望はほぼ無し。


残念。


葉が茂ったら何も見えなくなるね。


お腹がすいたけど展望がないから下山。





車に乗り込みさらに須賀尾峠を上り、次は高ジョッキ。


DSC_9048.jpg


峠の天辺が高ジョッキ登山口。


登り始めは結構急斜面。


天狗の巣を眺めながら登る。


DSC_9056.jpg


三角点のあるピークを過ぎると岩がチラホラ。


最後は岩場を登りあげ、約50分で山頂に到着。


DSC_9096.jpg


こっちの山頂も枝がかなり邪魔!


しかし場所場所で絶景が眺められる。


DSC_9115.jpg


最後の登り上げのの岩場から眺められる丸岩。


DSC_9196.jpg


丸岩を眺めながら朝食にしたかったが、いい場所がない。


山頂も微妙だったから、山頂から少し下った場所で朝食タイム。





今日は朝から


DSC_9127.jpg


餃子を焼いて


DSC_9131.jpg


辛味噌で食べる餃子丼!


DSC_9151.jpg


って、この辛味噌餃子丼、めちゃくちゃうめ~~!


餃子を辛味噌で食べてみるという試み、大正解!


食後はコーヒーとデザート。


DSC_9163.jpg





長野原はまだ寒く、朝一は霜が降りていた。


風も冷たいから、長居はしないで下山。


今日はは丸岩も高ジョッキも貸し切り♪。


山頂からの眺めをもう少し良くすれば、凄くいい山になりそうな、そんな丸岩と高ジョッキ。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

西上州・南牧村・小沢岳






今日は西上州のマッターホルンとも槍ヶ岳とも呼ばれている小沢岳Go~!


DSC_8938.jpg


下仁田は青倉方面に向かうと見えてくる、あの尖った山だ。


石灰工場を過ぎ、七久保登山口へ。


DSC_8722.jpg


駐車場はこの登山口の道標をさらに奥に進むとある。


DSC_8926.jpg


ここにも止められそうだが駐車禁止らしい。


7時を過ぎていたが駐車場に車はなく、一番乗りだ。





バックパックを背負い歩きはじめて数分・・・


鹿の骨!?猪の骨!?にビビらされる。


DSC_8918.jpg


しかも写真を撮ってたらガサガサ!


DSC_8740 (2)


カモシカにもビビらされる。





林道をしばらく歩き、途中から本格的な登山道に入るのだが、


DSC_8743.jpg


登山道を歩いていても、左にこの林道が並走している。





幾つかのピークを越えて、1時間ちょっとで山頂に到着。


DSC_8897.jpg


山頂からは北側~西側が眺められる。


DSC_8779.jpg


DSC_8866.jpg


この絶景を眺めながらの今日の朝食は


お釜で炊く


DSC_8805.jpg


炊き込みご飯♪


DSC_8850.jpg


そして豚汁♪


DSC_8845 (2)


炊き込みご飯、味がしっかりしていて美味過ぎ!


豚汁とのコラボは最強コンビかも!





食休みに「日本百名山」を読んでたら


DSC_8853.jpg



ちょいと睡魔が・・・


マットを敷いて少しお昼寝zzzしてから


DSC_8824 (3)


コーヒータイム。


そろそろアイスコーヒーが良いね。


DSC_8859.jpg


ローソンで見つけたチョコバナナ大福、なかなか美味い。





最高な時間が過ごせて、ご機嫌で口笛吹きながら片付けていたら、背後から「こんにちは~。」と・・・


慌てて「こんにちは~。」と返したものの・・・


恥ずかしい~!!!





恥ずかしい思いをしたからという訳ではないが、その人に山頂を空け渡して下山。


歩きやすく、展望もなかなか良い小沢岳。


また来よう。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

夕暮れの荒船山






DSC_2463 (2)


平らだ!




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

花より団子?






土曜日はあまり天気が良くないから自転車のタイヤ交換。


試走も兼ねて城山へ。


城山は富岡市内の桜の名所。


標高は220mの丘陵で天気が良ければ富岡の町並みが眺められる。




並木だんごでお団子と桜餅を買って、城山に到着。


DSC_2296.jpg


桜は丁度満開。


人もあまりいないから遠慮なくベンチに座りコーヒーを入れてお花見タイム♪


DSC_2304.jpg


甘さとしょっぱさが絶妙で柔らかくて美味しいお団子♪


DSC_2305.jpg


桜餅も甘すぎず柔らかくて美味しい♪


DSC_2306.jpg


これでお酒でも飲めたら最高なんだろうね~。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

MILLET UBIC 30  ミレー ウビック 30






今までdeuterのaircontact 45+10を背負っていた。


DSC_1522.jpg


このdeuterのaircontact 45+10は、腰でしっかり背負えたり、外に色々付けられたり、


2気室構造だったり、とかなり気に入っているのだが、


近所の低山で山飯食べてくるくらいでは大き過ぎ。


バックパック自体の重さも2420gと重め。


もう少し小さくて軽いの欲しいな~!


と、MILLETのUBIC30に目をつけていたら、タイムセールで安くなったUBIC30を発見。


この値段ならと、思い切って購入。


先週早速背負ってみたらなかなか良いね。


DSC_8649.jpg


1180gと軽量で、大きさも丁度いいし、なにしろ派手!(爆)


これも2気室構造で腰で背負えるタイプだけど、deuterのaircontact45+10ほどガッチリしていない分、動きやすい。


サイドポケットは左が水筒用っぽい縦差しで、右はチャック付きでマップ用っぽいが、


縦差しの方はコンプレッションストラップが付いてなくて水筒を入れるとお辞儀体制になった時落ちそう。


右のチャック付きに入れた方がベスト。





実はこのUBICはピッケルやスノーシュー、スキー板やトレッキングポールなんかを装着できるらしい。


多機能なのに使わないのは勿体無いが、スノーシューくらいなら装着する事があるかな。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

西上州・下仁田九峰・冨士山(藤山)






下仁田九峰を制覇しようとあちこち調べるも、なんか凄く微妙。


情報が少なかったり、展望が無かったり・・・ぶっちゃけそそられない。


そんな中、唯一行けるかな?と思ったのが冨士山(藤山)。


ほたるラインから千沢集落に向かい、鳥居が左手に見えたらその先の消火栓箱が目印。


DSC_8535.jpg


路肩に車が止められるスペースがあるが、止めて良いのか分からないから自己責任で。


消火栓箱の上の道を少し登っていくと登山口登場。


DSC_8540.jpg


初っ端から結構急斜面。


尾根をちょっと登り


DSC_8546.jpg


途中から少しまく。


DSC_8568.jpg


すると鳥居が出現。


DSC_8575.jpg


鳥居から少し登ると山頂に到着。


DSC_8591.jpg


登山口から約30分。


お手軽登山だ。


山頂からの展望は、枝の間から浅間山や


DSC_8596.jpg


鹿岳・四ッ又山等が見える。


DSC_8597.jpg


南側には魅力的な頂が!


DSC_8594.jpg


登れるのかな?


展望はあまり良くないが、人は登って来なそうだから、山頂で朝食。


今日はお米炊いて


DSC_8607.jpg


唐揚げで作る

DSC_8615.jpg


唐揚げ親子丼♪


DSC_8636.jpg


麺つゆで玉ねぎを茹でて、唐揚げを入れ溶き卵を落としたら、少し蒸して出来上がり。


玉ねぎが多過ぎたけど、簡単で激ウマ♪


食後はマンガを読みながらコーヒーとデザートでまた~り。


DSC_8639.jpg


まだ風が少し冷たく、そんなに長居は出来なかったが楽しかった。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

UNIFLAME 山フライパン17cm 深型






山頂でカップラーメンを食べたい!


山登りを初めてから、バーナーやクッカーを購入するきっかけはこれだった。


やっとの思いで登りきった山頂で絶景を眺めながら手っ取り早く暖かい物が食べられる。


それがカップラーメン。


山頂でわざわざお湯を沸かさなくても、サーモスでお湯を持っていけば食べられるが、


そんな味気ない話は置いといて、クッカーの話。


よく、失敗しないクッカー選び!とか、登山に持っていくクッカーはこれで決まり!だの、


そんな大それた話ではなく、あくまでねこぱんちゃんの個人的な話。





一番最初に買ったのはプリムスの縦長のクッカー。


はじめのうちはお湯を沸かしてカップラーメンを食べ喜んでいたが、そのカップラーメンに段々飽きが来る。


そうなると次は即席ラーメンを作って食べよう!となる。


DSCN0194.jpg


美味い!


美味いけど・・・縦長だから・・・作りづらいし・・・食べづらい・・・





色々調べると、登山は軽さが正義!みたいなとこあったりして、

エバニューのチタンクッカーを購入。


これは鍋型で蓋がフライパン代わりになるやつ。


この鍋型は即席ラーメンが作りやすい。


DSC_6765.jpg


ただチタンは焦げやすいから注意が必要。


即席ラーメンに慣れて来るともう一品欲しくなり、蓋のフライパンでウインナーや目玉焼きを焼くのだが・・・


注意しててもチタンだから焦げるのだ。


いくら軽くても焦がしてばかりじゃ楽しくない。


軽さが正義では無い事を知る。





そして焦げないフライパンを探す事になるのだが、この頃にはラーメンに飽きが来ている。


焼きそばだのパスタだのを視野に入れながらちょっと大きめのフライパンを探す。


そして見つけたUNIFLAMEの山フライパン17cmのノーマルタイプ。


DSC_7916.jpg


アルミニウムにフッ素樹脂加工でちょっとした炒め物や焼き物には良いのだが・・・


縁が低い為、炒め物で野菜等が飛び出すのだ。


もやしとかって飛び出しやすく、飛び出すたびに拾い集めて・・・って、結構ストレス。


より快適に作る為に、ここで悩むのが大きくするか深くするか。





結局煮込む事も考慮して選んだのが


UNIFLAMEの山フライパン17cm深型。


深さがあるから、炒め物で野菜が飛び散らない!


DSC_7951.jpg


これがあればラーメンも煮込みうどんも鍋も焼きそばもなんでもカバーできる。


アルミニウムでフッ素樹脂加工がしてあるからチタンほど焦げやすくは無い。


そんなこんなで今の山飯の相棒はUNIFLAMEの山フライパン17cm深型!




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこぱんちゃん

HN : ねこぱんちゃん
 週末に好きな事して
  自己満足するブログ♪

このブログの読者になる

ランキングに
参加しています

ポチッとお願いします

アクセスカウンター