記事一覧

西上州・下仁田町・骨立山






今日は快晴~♪


午前中は子供の運動会。


お昼は骨立山(古嶽山)にでも登って食べるか。


と、いざ出発。


d75D75_1539.jpg


低山だが、いつ見てもカッコいい骨立山。


登山口に向かう為、上信電鉄の線路脇を歩いて行くと正面に見える岩山が鍬柄岳。


d75D75_1545.jpg


登山道は結構荒れてるんだろうな・・・


と、登り始めると、一部崩れているとこがあったが、全然荒れていない。


d75D75_1547.jpg


それどころか、倒木で迂回しなければならなかった所もきちんと整備されている。


あっという間に山頂についてしまう骨立山は標高365m。


d75D75_1581.jpg


今日は快晴だが霞んでいて、榛名山が微かに見えるくらい。


赤城山は見えないね。


木陰がない山頂は日差しが強く暑いが、たまに吹き抜ける風が気持ちいい。


早速昼食の準備にかかる。


今日は麻婆茄子の素とちくわで作る


d75D75_1560.jpg


麻婆ちくわ丼!



d75D75_1580.jpg


簡単でまぁまぁ美味い。


食後は読書♪


と、また~りしていたが暑くて下山。


下山後、登山口周辺をウロチョロしてたらこんな石碑を発見。


d75D75_1587.jpg


へ~!武田信玄の騎馬隊と鉄砲隊がここで訓練してたんだ!


その先には朽ちた道標。


d75D75_1585.jpg


あまり人の行き来はなさそう。


今度散策してみよう。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

西上州・下仁田ジオパーク・川井の断層






今日は朝から二十数年ぶりにブラックバス釣り。


j5DSC_3655.jpg


釣れなかったけど。





今日は台風一過で快晴。


山に登ったら確実に気持ち良さそうだ。


って事で、早々と釣り竿をしまい、御堂山に登ろうと行ってみる。


車を止めようとしていると、登りっ口の家のおじさんが


「山登りかい?ヒルがウジャウジャいるからやめた方がいいよ。」


と話しかけてくる。


おばさんも


「半袖なんかで行ったら酷い目に遭うよ。」


そしておじさんは


ここ3,4年でヒルがかなり増えた。
畑仕事しててもヒルにやられるようになった。
この前マイクロバスで来た団体も1時間で降りてきたから早かったね!と言ったらヒルが凄くて引き返してきたと言っていた。


と話してくれた。


すっかり戦意喪失して、山は諦め下仁田ジオパークの川井の断層へ。


d750D75_1366.jpg


井川の断層は中央構造線が見える。


d750D75_1381.jpg


ちょっとわかりづらいが、手前(下)は三波川結晶岩の緑色片岩で奥(上)は下仁田層の砂岩。


d750D75_1373.jpg


中央構造線は九州から関東まで1000km以上続く断層で


川井の断層は地表ではっきり見られる場所らしい。


対岸に回ってみると


d750D75_1408.jpg


はっきりと岩質の違いがわかる。


下仁田層側には二枚貝や巻き貝などの化石が。


d750D75_1414.jpg


川井の断層を堪能した後は骨立山(古嶽山)の下の川で昼食。


d750D75_1458.jpg


ここは最近ボルダリングで流行っているらしい。


d750D75_1429.jpg


カッコいいい巨石を眺められる木陰にシートを広げる。


今日は炙り焼きチキンの冷やし担々うどん。


d750D75_1442.jpg


間違いない美味さ♪


食後にちょこっと横になったら、涼しくてついウトウト。


昼寝から起きたら、おやつにプチあんドーナツとコーヒー。


d750D75_1451.jpg


山には登れなかったが、天気が良くてよかった。


下仁田、妙義の山は葉が落ちてヒルが居なくなるまで登らない事にしよう。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

これは便利!キャンプ道具の収納と持ち運びに出前箱






せっかくの3連休の2日目。


雨で出かける気にもなれず・・・


暇だから出前箱の話でも。





キャンプを始めた時、って言っても去年だけど、


RVボックスにキャンプ道具を入れて持ち運んでいた。


RVボックスはそれなりに容量もあるし丈夫だし、それはそれで良かったのだが、


使い勝手が悪い。


上から入れるボックスって、どうしても重ねる入れ方になるから、


下の物を出すのに上の物を一度退かしたり、何か取り出す毎に崩れていって


何がどこにあるか分からなくなったりする。


重ねなきゃいいじゃん!と思っても、重ねないと持っていくのにRVボックスが2個必要になる。


だったら重ねてある道具を現地で出しとけば。


と、お洒落キャンパーみたいにコーナンラック的な物を持っていって


それに頻繁に使うクッカーやカップ、ライターやナイフ等の小物とかを


RVボックスから出して置いておく。


まぁ、使いやすくなったが・・・


いちいち面倒くせー!


ラック一つ荷物増えてるし。


しかも場所取るし。


大体、上からアクセスじゃなく横からアクセス的な収納箱ってないの?


持ち運びが出来る、食器棚が小さくなったような奴・・・


探してみるとあった!


本来の用途は違うが出前箱!


D75_0682 (2)


まぁ、運ぶって所は一緒。


フタは背中側に引っ掛けておけるから、フタを外しておけばいつでも取り出せる。


D75_0681 (2)


こんな便利で使い勝手の良い収納箱があるんじゃん!


収納量はRVボックスと比べればいくらか落ちるが、ソロなら全然問題なし。


片手で運べるって所もいいね。


見た目を気にしなければ、キャンプ道具の収納と持ち運びには出前箱が一番!




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

小平鍾乳洞






先週の日曜日、名草巨石群に行った帰りに小平鍾乳洞にも行ってみた。





小平の里・鍾乳洞公園に車を停め、

鍾乳洞の入口で310円払っていざ入洞。


d750D75_1308.jpg


トンネルを進むと案内看板。


d750D75_1192.jpg


江戸時代に発見されて観光化した小平鍾乳洞。

何故か入口が埋まってしまい、そのまま忘れ去られていたが、


昭和59年に古文書をもとに発掘した結果、再び発見されたらしい。


d750D75_1196.jpg


全長は93mと、あまり長くは無いものの、二次生成物はとても神秘的。


d750D75_1199.jpg


d750D75_1234.jpg


d750D75_1238.jpg


d750D75_1246.jpg


d750D75_1248.jpg


d750D75_1259.jpg


d750D75_1277.jpg


d750D75_1285.jpg


d750D75_1291.jpg


ただ歩きながら見ているだけだと、あっという間に出口にたどり着いてしまうが、


隅々までよく見ると、以外に楽しめる小平鍾乳洞。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこぱんちゃん

HN : ねこぱんちゃん

 週末に好きな事して
  自己満足するブログ♪

  山に登ったり
  滝を見に行ったり
  穴に潜ったり
  キャンプをしたり
  Runningしたり
  自転車乗ったり
  バイクで出かけたり
  写真を撮ったり

 好きな事こそ原動力!

 外に出れば冒険が始まる!

ランキングに
参加しています

ポチッとお願いします

アクセスカウンター