FC2ブログ

記事一覧

西上州の山のカテゴリー記事一覧

メイン さらに古い記事一覧へ≫

国峰・城山








日曜日、午後はちょこっと天気雨が降ったと思ったらいい天気に。


こりゃ遊ばなければもったいない!


って事で、久しぶりに自転車で出発。


DDSC_5716_R.jpg


そろそろ田植えの時期だねぇ。


と、水を張った田んぼを横目に国峰城跡を目指す。


DDSC_5747_R.jpg


うん、右手首はちょっと痛いけど、フロントブレーキは強く握らないから大丈夫。


自転車は景色もゆっくり見られるし、自由に止まれるし、これくらいの速度が一番いいね♪


と、鼻歌交じりで進む。


DDSC_5746_R.jpg


DDSC_5745_R.jpg


自転車に乗ってられるのはここまで。


ここから先は林道になるから押して歩く。


DDSC_5719_R.jpg


やっぱり新緑の中は気持ちがいい。


うぐいすがまだ鳴いている。


城跡なんてマニアぐらいしか訪れないんだろうけど、そこそこ手入れされてる感。


DDSC_5723_R.jpg


3、40分くらい押して歩いただろうか。


城山頂上の道標。


DDSC_5726_R.jpg


山頂じゃなくて頂上。


ここに自転車を置き、登山?となる。


DDSC_5727_R.jpg


登山道は落ち葉が積もっているが明朗。


階段や


DDSC_5728_R.jpg


ベンチがあり


DDSC_5729_R.jpg


鳥居をくぐって


DDSC_5730_R.jpg


少し登れば山頂で本丸。


DDSC_5733_R.jpg


頂上からの景色は木々の隙間から妙義山と奥に浅間山が見えるくらい。


DDSC_5739_R.jpg


登山と思えばとても残念な山頂だけど、城跡と思えば気にならない。


人も居ないしハイキングにはもってこいな国峰城跡。






コメントの投稿

非公開コメント

八束山







今日は吉井町にある吉井三山の一峰、八束山へ。


前々から登ってみようとは思っていたが、山頂からの展望がちょっと残念そうで、


なかなか登る踏ん切りがつかなかった山だ。


DD75_5410_R.jpg


八束山登山者用駐車場に車を止め、南に300mほど進むと登山口。


北口になるらしい。


DD75_5299_R.jpg


登り始めはちょっと荒れているが、


DD75_5302_R.jpg


虚空蔵堂跡を越えれば


DD75_5309_R.jpg


普通に登山道が明瞭に。


DD75_5315_R.jpg


ちょっと登り、あれ?もう山頂?と思ったら、浅間山山頂。


DD75_5319_R.jpg


県庁方面のみの展望。


休まず先に進む。


歩いていると聞こえてくるうぐいすの鳴き声やコゲラが木を突っつく音。


春だねぇ♪


新緑がまた気持ちいいね!


DD75_5342_R.jpg


今日は風が少しあるけど、いい天気で最高~♪


そして山頂も近づいてきた所で


羊の足跡。


DD75_5344_R.jpg


出た!また羊太夫!


羊太夫が蹴って出来たくぼみ。


DD75_5351_R.jpg


写真だと分かりづらいが、確かに足の形っぽい。


だが羊太夫伝説を調べると、実際に飛び立っていたのは神通力をもつ八束小脛らしいが。


ああ!だからこの山は八束山か!


そしてロープがある急傾斜を越えれば


DD75_5357_R.jpg


駐車場から約1時間、八束山山頂到着。


DD75_5364_R.jpg


八束山山頂も県庁方面の展望しか望めない。


ちょっと残念だが、そんな山頂で朝食タイム。


誰も居ないから唯一展望がある所に陣取り、


今日はお米を炊いて


DD75_5371_R.jpg


ペッパーライスに挑戦。


ねこぱんちゃんはペッパーライスって知らなかったんだけど、


ペッパーライスを食べたって記事を見て食べたくなってしまった。


そして先日、仕事帰りにスーパーに行くと


DD75_5372_R.jpg


ああ、こんな便利なのが売ってるのね。


鉄フライパンで炒めて炊きたてご飯を乗せる。


DD75_5378_R.jpg


・・・


ちょっとイメージと違うような・・・


しかも焼肉のタレ忘れた!


でも混ぜて炒めてブラックペッパーをかけて食べれば


DD75_5380_R.jpg


美味いっ!


十分美味しくて、焼肉のタレいらなかった。


ただ、ニンニク、苦手だなぁ。


今度は肉とコーンを別々で買ってこよう。


そんなこんなで展望はちょっと少ないが、


歩くには十分楽しめる八束山だった。






コメントの投稿

非公開コメント

西上州・鍬柄岳






今日は朝一で近くの鍬柄岳へ。


鍬柄岳はちょこっとした鎖場でちょっとしたスリルが味わえる、山頂まで4、50分で登れるというお手軽な山だ。


DD75_5020-1_R.jpg


まだ誰も来ていない駐車場に車を止め出発。


DD75_5023-1_R.jpg


花粉が凄そうな杉林の中を進む。


DD75_5030-1_R.jpg


シーンとした登山道を足元を確認しながら登って行くと、ガサガサっ!と音がして一瞬ビビる。


音のする方を見上げると、2頭のカモシカが走って逃げて行き、1頭のカモシカがこっちを見ている。


DD75_5040_R.jpg


・・・


熊じゃなくて良かった。


こっちもビックリしてけど、向こうもビックリしただろう。


さらに登って岩場の下まで来ると、さっき逃げていった2頭がいた。


DD75_5049_R.jpg


親子かな?


カモシカって目と鼻の中間にある黒い部分が、どうしても目に見えてしまう。


カモシカを横目に鎖場がスタート。


DD75_5138_R.jpg


鎖場と言っても足場はしっかりしてるし、そこそこの広さがあるからそんなに怖さはない。


でも油断して落ちれば怪我以上が確定するから注意は必要だ。


DD75_5073-1_R.jpg


DD75_5085_R.jpg


DD75_5088_R.jpg


山頂手前の尾根越え。


DD75_5091_R.jpg


ほんの数メートルだがナイフリッジになっている所があってちょっとスリリング。


DD75_5092_R.jpg


そして山頂。


DD75_5112_R.jpg


今日は部分的に雲が多いところとかあって展望はいまいち。


風が強くて冷たいけど、気持ちいい~♪


しばらく展望を楽しみ、風が止むのを待つが止む気配がない。


こりゃ山頂での朝食タイムは無理だね。


仕方なし下山して朝食タイム。


今日は家の冷蔵庫から持ち出した蕎麦に来ながらコンビニで買ったコロッケと温泉卵を入れてコロッケ蕎麦。


DD75_5146-1_R.jpg


本当は山菜蕎麦にしたかったのだが、コンビニに山菜が売ってなかった。


山菜がなければ何入れる?


と、何件かハシゴして最終的に選んだのがコロッケ。


まぁ、これはこれでそこそこ美味いけど次はないかな(笑)


もともと蕎麦ってあんまり食べないけど、どんな食べ方があるんだろ。


山菜、月見、きつね、たぬき、天ぷら、かき揚げ、とろろ・・・


う~ん・・・


やっぱりコンビニで買えるのは玉子とコロッケぐらいか。


つーかコンビニで売ってる出来合いの蕎麦の方が選択肢多くね?


蕎麦について人生の中で一番考えた、そんな一日だった。





コメントの投稿

非公開コメント

連石山トレイルコース







今週は日曜日だけの単休。


何しよう?


・・・って、天気悪っ!


単休で天気悪いのって最悪・・・


なんて、文句行っても仕方ないから、気を取り直して近所の湖でウォーキング。


DD75_4411_R.jpg


一周3kmの湖畔を2周歩こうと思うものの、1周で飽きる。


ランニングなら2周出来るんだけどなぁ。


そして移動してお気に入りの川原っぱたで朝食タイム。


DD75_4425_R1.jpg


今日は肉団子とキノコの煮込み味噌キムチうどん。


熱々でうま~♪


作りすぎたかと思ったが完食。


食後は読書しながらのんびり。


昼寝から起きてみるとなんとなく日差しが出てきた?


それならと、帰りがけに前々から行ってみようと思っていた甘楽町の連石山トレイルによってみる。


DD75_4431-1_R.jpg


何年か前に整備されたトレイルコース。


トレイルコースと言っても、山の中のちょこっと散歩コースだ。


DD75_4429_R.jpg


整備された登山道を少し登ると展望台。


DD75_4440_R.jpg


小幡の町並みと榛名山赤城山方面を望める。


山の背みちを少し戻って石切場跡。


DD75_4446_R.jpg


ここで切り出した石は富岡製糸場の土台に使われたとか。


そして達磨岩に向かうも、どれが達磨岩だかわからず。


DD75_4458_R.jpg


多分ここら辺の岩がそうだと思うのだが。


山頂付近をチョロチョロするが分からず三十三観音を見ながら下山。


DD75_4454_R.jpg


石仏好きにはたまらないんだろうなぁ。


途中に磨崖仏も。


DD75_4476_R.jpg


なんだかんだで小一時間。


三十三観音は全部見つけなかったが、十分楽しめた連石山トレイルコース。





コメントの投稿

非公開コメント

西上州・古嶽山






さすがに一日中家に閉じこもっているとストレスたまる・・・


テレビもつまらないし・・・


かと言って人のいるところには出かけられないし・・・


って事で、人のいない近所の山へGo~!


しかし低山だからすぐ登れちゃうし、そんなに早く行ってもなぁ。


と、のんびり支度をしていると、丁度奥様が仕事に行く時間と重なり


「送ってって」


と言うので送りながら向かう。


って、送って行くのは良いけど、迎えにも行かなくちゃじゃん!


まぁ、どうせ暇なんだから別に良いけどね。


と、奥様を送りながらちょこっと車を走らせればすぐ到着。


道の駅しもにたの先にある古嶽山。


DD75_4240_R.jpg


いつ見てもカッコいい!


ぱっと見、岩肌をよじ登り山頂を目指す様に見えるが、裏から普通に登山道を歩いて登れる。


DD75_4255_R.jpg


しばらくぶりの古嶽山。


DD75_4326_R.jpg



やけに綺麗に整備されてるなぁ。


と思ったら、


DD75_4324_R.jpg


ホウキ発見!


ああ、やっぱり誰かが綺麗に手入れしてくれてるんだね!


ありがとうございます!


そしてすぐさま山頂。


DD75_4315_R.jpg


約15分。


標高365mのお手軽登山。


DD75_4310_R.jpg


低山といえども高い所は気持ちいい。


誰も居ないから快適だし。


そして待ちに待った昼食タイム。


今日は焼きうどん。


DD75_4289_R.jpg


この焼きうどん、一口食べてびっくり!!!


めちゃくちゃ美味い!


今までの山飯ヒストリーの中でもトップレベルの美味さ!


ごく普通の日持ちする焼きうどんに野菜とベーコンを入れただけなのに。


鰹節がいい仕事をしているのか!?


野菜で味が薄くなるからと、追い醤油をかけたのが良かったのか!?


美味しさの秘密はわからないが、


あ~、日差しは暖かいし、焼きうどんは最高に美味いし、幸せ~♪


と、随分安上がりな幸せを噛み締めながらのんびり過ごす。


DD75_4302_R.jpg


食後はコーヒーでまた~り。


そして来たときよりも美しくの精神で下山するも、


来たときが美し過ぎて、それ以上綺麗にならなかった。


そんな古嶽山。





コメントの投稿

非公開コメント

仕事納め後に稲含山







今日はやっと仕事納め。


朝から掃除してお昼前で終わり。


って事で、毎年恒例の仕事納め後の稲含山へGo~!


あれ?


去年は登ったっけ?


記憶がないけど、まぁいっか。


と、いざ入山。


DDSC_5521_R.jpg


1時間20分て看板が増えてたけど、いつも大体40分で山頂のお手軽登山。


DDSC_5522_R.jpg


でも鳥居をくぐってしばらくは急。


ここの階段でふくらはぎがパンパンになる。


DDSC_5526_R.jpg


途中に褶曲が。


DDSC_5527_R.jpg


いつみても凄いね~!


稲含神社まで来ると山頂はすぐそこ。


DDSC_5533_R.jpg


最後のピークを登り上げ山頂に。


DDSC_5556_R.jpg


ちょっと霞がかっててスッキリしないけど、良い展望。


DDSC_5550_R.jpg


DDSC_5541_R.jpg


稲含山も360度見渡せる展望の山だ。


そして今年はスーパーで見つけた、お手軽きつねうどん。


DDSC_5538_R.jpg


厚揚げだけでは寂しいから玉子を落としたのだが、火をかけてすぐに入れたもんだから


煮立ったら白身がダマになって酷いことに。


写真には撮れなかったがそこそこ美味しかった。


でも、コンビニの鍋焼きうどん系の方が良いかな。


って事で、今年もお疲れ様~。




コメントの投稿

非公開コメント

二週連続で荒船山






土曜日、山友のやすたか君からLINEが入る。


明日近くの底山でも行きませんか?


丁度、明日は天気の加減でどこ行こうか悩んでいた所だったから


OK、行きたいところある?


と返すと、


稲含山か荒船山どうですか?


稲含山は一度行っているから荒船山行く?


って事で、やすたか君を荒船山にご案内~!


D_D751590_R.jpg


昨日ちょこっと雪が降ったから、駐車場からアイゼンを装着してスタート。


おしゃべりをしながら登っていると艫岩まであっという間。


D_D751621_R.jpg


浅間山は先週のほうが白かったような。


山小屋でコーヒーで一息入れたら、今日は経塚山まで行ってみよう。


D_D751599_R.jpg


経塚山までのこの道、好きだなぁ♪


なんて言いながら、展望のない経塚山山頂へ。


D_D751619_R.jpg


プレートは荒船山になっている。


帰りにまた山小屋によって昼食タイム。


DIMG_20200119_115657_R.jpg


今日はやすたか君が用意してくれた緑のたぬきと、ホットサンドで肉マンを焼いてみる。


が、肉マンは焦げ気味・・・


DIMG_20200119_120526_R.jpg


でも食べられたからOK~!


皮がカリカリの肉マン。


うん、なかなか美味いよ。


あとはフランクフルト焼いて


DIMG_20200119_122004_R.jpg


二連スノーピークでコーヒー。


DIMG_20200119_121614_R.jpg


たまには楽しくおしゃべりしながらの登山もいいよね♪


やすたか君、今日はお疲れ様でした。


今度はこうき君も一緒に行けるといいね~\(^o^)/






コメントの投稿

非公開コメント

西上州・荒船山







年末・年始は海に釣りに行っていたが、まるっきりのノーバイト。


完全ボウズの釣り納め&釣り始めとなってしまった。


これはもう暖かくなるまで釣りはお預けかな。


釣りをしないとなると、そりゃ山でしょう。


って事で、足慣らしに荒船山へGo~!


まだ暗いうちに家を出て、登山口で仮眠を取りながら夜明けを待つ。


6時半過ぎ、少し明るくなって来た頃を見計らって出発。


D_D751545_R.jpg


誰もいない、貸し切りの荒船山スタート。


荒船山登山道はアップダウンがそれほど激しくなく歩きやすい。


が、久しぶりの山歩きだから足が重い。


まぁ、体重もかなり増えてるしね。


雪があるようには見えなかったから、チェーンスパイクを持たずに登っていたら


日陰は所々雪があって、しかも凍っていてた。


帰りに転びそうな予感。


しかしチェーンスパイクがないからと言って登れない訳ではない。


D_D751549_R.jpg


順調に大岩を過ぎ


D_D751558_R.jpg


マツダランプを過ぎ絶壁へ。


絶壁は相変わらず怖くて、これ以上は近づけない。


D_D751561_R.jpg


横からも絶壁を眺めてから艫岩へ。


D_D751566_R.jpg


艫岩の上は強風が吹き荒れていて寒い!


-5度だが、体感温度は-15度くらいか?


浅間山が白くて綺麗だ。


D_D751571_R.jpg


寒いから今日は小屋に行って朝食タイムにしようか?


ちょっと弱気になるが、いやいやいや、景色を見ながらじゃなきゃ意味ないだろ!


って思い直し、方位盤の影で風を避けながらいざスタンバイ。


D_D751578_R.jpg


いくらか風を凌いではいるが、煮込んでいる間に体温がみるみる奪われる。


もうそろそろかな?と蓋を開けてみるといい感じ。


D_D751582_R.jpg


いっただっきまーす♪


って、熱っ!


体は冷え切っているがうどんは熱すぎて一気に食べられない。


結果、熱々の鍋焼きうどんを食べても体は温まらないから、食べ終わるや否や寒くて下山。


経塚山はまた今度。


下山途中でやっぱり滑って転んだが、怪我をしなくてよかった。


荒船山登山を考えている方はチェーンスパイクをお忘れなく。


D_D751589_R.jpg








コメントの投稿

非公開コメント

西上州・御堂山 ~じぃとばぁを眺めに帝釈岩付近まで~






そろそろ山のシーズンってことで、ダイエットを兼ねて体力作りのためランニングしたりしているが、


なかなか成果が出ない今日このごろ。


気温もだいぶ下がってきたからヤマビルの心配ももうしなくて大丈夫だろ。


って事で、足慣らしに御堂山へ。


D_D751424_R.jpg


西牧関所跡の脇から登山口へ。


D_D751427_R.jpg


久しぶりの山歩き。


足が、体が重い。


そりゃそうだ、体重は10kgくらい増えている。


少し歩いただけで、体力もかなり落ちている事が実感できる。


御堂山ってこんなにキツかったっけ?


と思いながら休み休み林道を上っていくと、所々に台風の爪痕が。


D_D751429_R.jpg


天狗の架け橋!?


D_D751439_R.jpg


丸太1本!


マジか!


と思ったら巻道があった。良かった。


今日はじじ岩・ばば岩には寄らず、山頂にも行かずで、帝釈岩方面へ。


じぃばぁ覗きからの景色を堪能する。


D_D751462_R.jpg


紅葉はもう終わりだね。


そして帝釈岩はどれだかわからないから展望の良い岩の上でじじ岩ばば岩を眺めながら朝食タイム。


今日はチゲ鍋肉うどん。


D_D751473_R.jpg


野菜から水分が出るからとスープ少なめに作ったら、思ったほど水分でなくてちょっと残念な感じに。


でも美味かった♪


やっぱ山は良いね~!





コメントの投稿

非公開コメント

西上州・下仁田九峰・浅間山






1月26日


下仁田九峰・浅間山


登り  40分   山際公園~山際稲荷神社~浅間山東峰山頂
下り  30分   浅間山東峰山頂~西峰~本誓寺~山際公園


2019y01m26d_171124477_20190126175533e9d.png





下仁田九峰のうちの一峰、浅間山に登ってみた。


P1260083_R.jpg


あまり下仁田浅間山は登る気がしなかったのだが、


この前ほたる山公園から眺めていたら、ちょっと登ってみようかな。


なんて思ったりしたから、とりあえず山際公園へ。





山際公園に車を止めて山際稲荷神社へ向かう。


P1260003_R.jpg


まぁ、向かうって言っても目の前なんだけどね。


P1260004_R.jpg


神社の脇から鳥居をくぐり、奥の院を目指す。


P1260006_R.jpg


奥の院までは踏み跡がはっきりしているが、その先は踏み跡が不明瞭。


P1260009_R.jpg


今回通った登りのルートにはリボンも無かった。


頼りになるのはなんとなく人が通った跡みたいなのとGPSロガー。


きちんと探せば、ちゃんとした登山道&リボンがあるのかもしれないが、


YAMAPから入手したログをたどって進む。


登山道じゃない所を登ったりするのは、すごい冒険感だ。


ひと傾斜越えると岩肌に出くわす。


P1260014_R.jpg


その岩肌を右に巻き進むと、ログは途中で急傾斜へ。


ログに従い急斜面を直登すると、急過ぎて一気に汗が吹き出す。


しまった、入手したログを間違えたか・・・


そんな後悔に襲われ始めた頃、目の前にロープが出現。


P1260023_R.jpg


ここからは踏み跡は明瞭だが、足元は滑りやすく、切り立っている所もあるから気を抜いてはいけない。


注意しながら少し登ると、浅間山東峰山頂。


P1260038_R.jpg


山頂はあまり広くはない。


P1260049_R.jpg


しかも木の枝が邪魔をして展望があまりよろしくない。


が、見えなくもない。


P1260050_R.jpg


そんな山頂でちゃんこ鍋。


P1260060_R.jpg


今日はうどんの代わりに鶏肉団子を入れてお腹いっぱい♪


お腹いっぱいになったら西峰に。


西峰は多少下仁田の街が眺められるが、休憩できるようなスペースが少ない。


そして本誓寺に下山。


この下山ルートは踏み跡明瞭でリボンも多少あり。


という事は、登りのルートは正規のルートじゃなかったのかも。


何はともあれ、低山ながら岩山だからそれなりのスリルがある浅間山。


冒険感もあって楽しい浅間山だった。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこぱんちゃん

HN : ねこぱんちゃん



冒険+絶景+飯



外に出れば冒険気分!
好きな事こそ原動力! 




只今コメントの返信は
控えさせて頂いています。


ランキングから
一時撤退しました。

カテゴリ

アクセスカウンター