FC2ブログ

記事一覧

西上州の山のカテゴリー記事一覧

メイン さらに古い記事一覧へ≫

二週連続で荒船山






土曜日、山友のやすたか君からLINEが入る。


明日近くの底山でも行きませんか?


丁度、明日は天気の加減でどこ行こうか悩んでいた所だったから


OK、行きたいところある?


と返すと、


稲含山か荒船山どうですか?


稲含山は一度行っているから荒船山行く?


って事で、やすたか君を荒船山にご案内~!


D_D751590_R.jpg


昨日ちょこっと雪が降ったから、駐車場からアイゼンを装着してスタート。


おしゃべりをしながら登っていると艫岩まであっという間。


D_D751621_R.jpg


浅間山は先週のほうが白かったような。


山小屋でコーヒーで一息入れたら、今日は経塚山まで行ってみよう。


D_D751599_R.jpg


経塚山までのこの道、好きだなぁ♪


なんて言いながら、展望のない経塚山山頂へ。


D_D751619_R.jpg


プレートは荒船山になっている。


帰りにまた山小屋によって昼食タイム。


DIMG_20200119_115657_R.jpg


今日はやすたか君が用意してくれた緑のたぬきと、ホットサンドで肉マンを焼いてみる。


が、肉マンは焦げ気味・・・


DIMG_20200119_120526_R.jpg


でも食べられたからOK~!


皮がカリカリの肉マン。


うん、なかなか美味いよ。


あとはフランクフルト焼いて


DIMG_20200119_122004_R.jpg


二連スノーピークでコーヒー。


DIMG_20200119_121614_R.jpg


たまには楽しくおしゃべりしながらの登山もいいよね♪


やすたか君、今日はお疲れ様でした。


今度はこうき君も一緒に行けるといいね~\(^o^)/






コメントの投稿

非公開コメント

西上州・荒船山







年末・年始は海に釣りに行っていたが、まるっきりのノーバイト。


完全ボウズの釣り納め&釣り始めとなってしまった。


これはもう暖かくなるまで釣りはお預けかな。


釣りをしないとなると、そりゃ山でしょう。


って事で、足慣らしに荒船山へGo~!


まだ暗いうちに家を出て、登山口で仮眠を取りながら夜明けを待つ。


6時半過ぎ、少し明るくなって来た頃を見計らって出発。


D_D751545_R.jpg


誰もいない、貸し切りの荒船山スタート。


荒船山登山道はアップダウンがそれほど激しくなく歩きやすい。


が、久しぶりの山歩きだから足が重い。


まぁ、体重もかなり増えてるしね。


雪があるようには見えなかったから、チェーンスパイクを持たずに登っていたら


日陰は所々雪があって、しかも凍っていてた。


帰りに転びそうな予感。


しかしチェーンスパイクがないからと言って登れない訳ではない。


D_D751549_R.jpg


順調に大岩を過ぎ


D_D751558_R.jpg


マツダランプを過ぎ絶壁へ。


絶壁は相変わらず怖くて、これ以上は近づけない。


D_D751561_R.jpg


横からも絶壁を眺めてから艫岩へ。


D_D751566_R.jpg


艫岩の上は強風が吹き荒れていて寒い!


-5度だが、体感温度は-15度くらいか?


浅間山が白くて綺麗だ。


D_D751571_R.jpg


寒いから今日は小屋に行って朝食タイムにしようか?


ちょっと弱気になるが、いやいやいや、景色を見ながらじゃなきゃ意味ないだろ!


って思い直し、方位盤の影で風を避けながらいざスタンバイ。


D_D751578_R.jpg


いくらか風を凌いではいるが、煮込んでいる間に体温がみるみる奪われる。


もうそろそろかな?と蓋を開けてみるといい感じ。


D_D751582_R.jpg


いっただっきまーす♪


って、熱っ!


体は冷え切っているがうどんは熱すぎて一気に食べられない。


結果、熱々の鍋焼きうどんを食べても体は温まらないから、食べ終わるや否や寒くて下山。


経塚山はまた今度。


下山途中でやっぱり滑って転んだが、怪我をしなくてよかった。


荒船山登山を考えている方はチェーンスパイクをお忘れなく。


D_D751589_R.jpg








コメントの投稿

非公開コメント

西上州・御堂山 ~じぃとばぁを眺めに帝釈岩付近まで~






そろそろ山のシーズンってことで、ダイエットを兼ねて体力作りのためランニングしたりしているが、


なかなか成果が出ない今日このごろ。


気温もだいぶ下がってきたからヤマビルの心配ももうしなくて大丈夫だろ。


って事で、足慣らしに御堂山へ。


D_D751424_R.jpg


西牧関所跡の脇から登山口へ。


D_D751427_R.jpg


久しぶりの山歩き。


足が、体が重い。


そりゃそうだ、体重は10kgくらい増えている。


少し歩いただけで、体力もかなり落ちている事が実感できる。


御堂山ってこんなにキツかったっけ?


と思いながら休み休み林道を上っていくと、所々に台風の爪痕が。


D_D751429_R.jpg


天狗の架け橋!?


D_D751439_R.jpg


丸太1本!


マジか!


と思ったら巻道があった。良かった。


今日はじじ岩・ばば岩には寄らず、山頂にも行かずで、帝釈岩方面へ。


じぃばぁ覗きからの景色を堪能する。


D_D751462_R.jpg


紅葉はもう終わりだね。


そして帝釈岩はどれだかわからないから展望の良い岩の上でじじ岩ばば岩を眺めながら朝食タイム。


今日はチゲ鍋肉うどん。


D_D751473_R.jpg


野菜から水分が出るからとスープ少なめに作ったら、思ったほど水分でなくてちょっと残念な感じに。


でも美味かった♪


やっぱ山は良いね~!





コメントの投稿

非公開コメント

西上州・下仁田九峰・浅間山






1月26日


下仁田九峰・浅間山


登り  40分   山際公園~山際稲荷神社~浅間山東峰山頂
下り  30分   浅間山東峰山頂~西峰~本誓寺~山際公園


2019y01m26d_171124477_20190126175533e9d.png





下仁田九峰のうちの一峰、浅間山に登ってみた。


P1260083_R.jpg


あまり下仁田浅間山は登る気がしなかったのだが、


この前ほたる山公園から眺めていたら、ちょっと登ってみようかな。


なんて思ったりしたから、とりあえず山際公園へ。





山際公園に車を止めて山際稲荷神社へ向かう。


P1260003_R.jpg


まぁ、向かうって言っても目の前なんだけどね。


P1260004_R.jpg


神社の脇から鳥居をくぐり、奥の院を目指す。


P1260006_R.jpg


奥の院までは踏み跡がはっきりしているが、その先は踏み跡が不明瞭。


P1260009_R.jpg


今回通った登りのルートにはリボンも無かった。


頼りになるのはなんとなく人が通った跡みたいなのとGPSロガー。


きちんと探せば、ちゃんとした登山道&リボンがあるのかもしれないが、


YAMAPから入手したログをたどって進む。


登山道じゃない所を登ったりするのは、すごい冒険感だ。


ひと傾斜越えると岩肌に出くわす。


P1260014_R.jpg


その岩肌を右に巻き進むと、ログは途中で急傾斜へ。


ログに従い急斜面を直登すると、急過ぎて一気に汗が吹き出す。


しまった、入手したログを間違えたか・・・


そんな後悔に襲われ始めた頃、目の前にロープが出現。


P1260023_R.jpg


ここからは踏み跡は明瞭だが、足元は滑りやすく、切り立っている所もあるから気を抜いてはいけない。


注意しながら少し登ると、浅間山東峰山頂。


P1260038_R.jpg


山頂はあまり広くはない。


P1260049_R.jpg


しかも木の枝が邪魔をして展望があまりよろしくない。


が、見えなくもない。


P1260050_R.jpg


そんな山頂でちゃんこ鍋。


P1260060_R.jpg


今日はうどんの代わりに鶏肉団子を入れてお腹いっぱい♪


お腹いっぱいになったら西峰に。


西峰は多少下仁田の街が眺められるが、休憩できるようなスペースが少ない。


そして本誓寺に下山。


この下山ルートは踏み跡明瞭でリボンも多少あり。


という事は、登りのルートは正規のルートじゃなかったのかも。


何はともあれ、低山ながら岩山だからそれなりのスリルがある浅間山。


冒険感もあって楽しい浅間山だった。




コメントの投稿

非公開コメント

西上州・天狗岩






1月14日


天狗岩

登り 1時間10分        天狗岩登山口~避難小屋~二輪草群生地~天狗岩山頂 
下り 1時間40分(休憩含む)  天狗岩山頂~おこもり岩~避難小屋~天狗岩登山口


d2019y01m14d_180651647_R.jpg


今日はゆっくり8時過ぎに起きる。


のんびり準備して、さて、どこに行こうか?


まぁ、この時間だから近場だよね。


近場の景色のいいところ。


って事は天狗岩から烏帽子岳コースかな。


って事で、天狗岩登山口駐車場にお昼前に到着。





駐車場は車無し。


d_D750200-1_R.jpg


時間も遅いし、山頂は貸切かな?


と、いざ入山。


d_D750204_R.jpg


天狗岩の登山道は明瞭で、リボンを探す必要は無し。


道標も所々に立っている。


d_D750208_R.jpg


ただ、岩の上に積もった落ち葉で滑ったりするから注意が必要。


そして日陰に少量の積雪あり。


d_D750219_R.jpg


チェーンスパイクなんか持っていれば安心かも。


約30分ほど歩くと避難小屋分岐点。


d_D750230_R.jpg


この小屋、一部壁がないが、手作りベンチで休憩できる様になっているからありがたい。


そしてここは二輪草群生地を経由して天狗岩山頂かおこもり岩を経由して天狗岩山頂かの分岐点となる。


今回は二輪草群生地方面へ。


この時期二輪草は生えてないから、ただの林の中を登る。


d_D750231_R.jpg


北側もちょっと白い。


d_D750234_R.jpg


岩の谷間っぽい所を登り上げると


d_D750240_R.jpg


天狗岩山頂。


d_D750266_R.jpg


山頂からの展望はあまりよろしくない。


しかし少し先に展望台があり


d_D750251_R.jpg


その先端部からの眺めは最高~♪


d_D750290_R.jpg


やっぱり展望があるっていいね!


さてここから烏帽子岳へ、と思っていたら時間に余裕がない。


仕方ないからここで昼食にする。


今日は、おきりこみ。


d_D750282_R.jpg


昨日の煮込み豚汁ひもかわうどんと大差無し!


まぁ、材料ほぼ同じだしね。


うどんが「ひもかわうどん」か「おきりこみ」かの違いだけ。


でもピリ辛味噌で煮込むと美味い♪


そして下山はおこもり岩経由で。


d_D750309_R.jpg


おこもり岩は少しルートが外れるけど。


d_D750302_R.jpg


おこもられたくなる、丁度いい大きさのほこら。


こんな所に住めたら楽しいだろうなぁ。


避難小屋までちょっと雪が多い所もあったが無事に下山。


今度はもう少し早めに登って烏帽子岳まで行こう。




コメントの投稿

非公開コメント

仕事納めの後は稲含山






28日は午前中に大掃除して仕事納め。


午後は四万温泉で忘年会。


いいねぇ~、四万温泉。


「世のちり洗う四万温泉」


子供の頃から上毛カルタで知っている四万温泉だが、行ったのは初めて。


温泉三昧で過ごさせてもらって29日のお昼に帰宅。


そこから毎年恒例の仕事納め登山in稲含山~!


お昼過ぎだから駐車場は貸し切り。


jDSC_4803-1_R.jpg


寒波の影響で冷たい風が吹いていて寒い。


準備をいていざ出発~。


jDSC_4804_R.jpg


って、熊います!?


まぁ、いるとは聞いていたけど、こう書かれると怖いね!


冬眠に入っている事を願って入山。


jDSC_4809_R.jpg


jDSC_4811_R.jpg


相変わらす急階段ですぐに汗が吹き出す。


途中に稲含山の新スポットが。


jDSC_4840_R.jpg


前橋地方気象台稲含山観測所跡。


帰りに寄ってみよう。


上の方はほんのり雪が積もっていた。


jDSC_4815_R.jpg


そして山頂。


jDSC_4818_R.jpg


浅間山は降ってるね。


jDSC_4821_R.jpg


赤城山も降ってる。


それにしても風が冷たくて寒い。


jDSC_4827_R.jpg


-4.5℃くらいかな。


体が冷える前にと、ローソンの「キンレイ ホルモン鍋 うどん入り」を温める。


jDSC_4828_R.jpg


これ、辛くて旨い!


そして辛くて汗が吹き出してくる。


上半身だけ温まった。


食べ終わると雪雲が迫ってきていた。


jDSC_4836_R.jpg


食休みもせずに片付けて下山する事に。


途中で前橋地方気象台稲含山観測所跡によってみる。


jDSC_4843_R.jpg


jDSC_4841_R.jpg


ホントに跡だけだった。


そんな感じで今年もお疲れ~♪




コメントの投稿

非公開コメント

西上州・古嶽山






日曜日に雪国に行ってきたから月曜日は洗車とオイル交換。


って、オイル交換に行こうと思ったら車屋休み。


あちゃー。


仕方ない洗車に行こう。


下回りも洗っとかないとあっという間に錆びちゃうから。


もう錆びてる所もあるんだけどね。


外に出ると、風はあるけどいい天気。


山日和じゃんっ!


失敗した・・・


朝からどこか登りに行くんだった・・・


前掛山も平標山も展望なしだったから展望を楽しみたい。


って事で、洗車してから近くの低山、古嶽山へ。


dDSC_4768_R.jpg


相変わらずカッコいい古嶽山。


そして15分で登れてしまうお手軽さ。


dDSC_4785_R.jpg


低山だけど高いところから景色を眺めるのは気持ちいい~♪


風が強いから、今日高い山に登っても山頂でご飯は無理だったかも。


古嶽山で正解!?


と、山頂飯に煮込み担々麺。


dDSC_4798_R.jpg


景色を眺めながら食べる煮込み担々麺は最高~!


食後にコーヒーと思っていたが、お腹いっぱいで無理。


しばらく休憩してから下山。


低山でもお気に入りの古嶽山。




コメントの投稿

非公開コメント

西上州・大桁山で煮込みうどん






かなり寒くなってきたから、そろそろ煮込みの季節かな。


って事で、大桁山へ。


別に大桁山でなくても良かったんだけど、近いし貸し切りだろうし。


前はよく登山口まで自転車で上っていたけど、最近はそんな気力はないなぁ。


と、大桁湖の駐車場に車を止めて出発。


d_D758861.jpg


歩き始めると管理小屋の窓から管理人さんの姿が見えたから軽く会釈。


紅葉が黄色くなるまで枝に残っている。


d_D758864.jpg


しばらくは林道歩き。


d_D758866.jpg


小さな池を横目にさらに上っていくと登山口。


d_D758869.jpg


ここまで約20分。


大桁山の登山道は明瞭で歩きやすい。


途中から鍬柄岳に向かう近道もある。


d_D758872.jpg


あちこち階段になっているから、ちょっと辛いが


最後の急な階段を上がると


d_D758881.jpg


山頂に到着。


d_D758883.jpg


登山口から約40分。


計1時間のお手軽登山だ。


d_D758885.jpg


山頂は木々の隙間から妙義山や


d_D758884.jpg


榛名山、赤城山が見える。


d_D758900.jpg


木がなければ・・・


ちょっと残念な山頂だ。


そんな山頂で朝食タイム。


今日は風があって寒い。


d_D758893.jpg


気温は2°。


煮込むのに丁度いい?気温だ。


って事で、味噌煮込みイカ天うどん。


d_D758898.jpg


アツアツで美味い!


sotoのストームブレイカー+ガソリンで今年の冬はアツアツの煮込みが楽しめそうだ。


煮込んでいる最中に鈴の音色と一緒に年配の方が登ってきた。


挨拶すると大桁湖の管理小屋の管理人さん。


軽く会釈したから追いかけて登ってきたらしい。


たまには体動かさないと、と月に2回くらい登るらしい。


少しだけ話をして、体が冷えてきたからと言って帰っていった。


下山後に管理小屋によって挨拶し、大桁湖から妙義山を望む。


d_D758934 (2)


相変わらず妙義山はカッコいい。


車に乗り込み下っていくと、更にカッコいい妙義山。


d_D758942 (2)


外国の山みたいだ。


山頂からの展望はいまひとつだが、周辺からの展望は素晴らしい


そんな大桁山。




コメントの投稿

非公開コメント

西上州・毛無岩からの絶景






今年の1月にアタックした西上州は南牧村の毛無岩。


積雪有りで途中で引き返して来たままになっていた。


今日はそのリベンジ。


朝5時に家を出て毛無岩に向かう。


d_D758543.jpg


6時過ぎに登山口近くに到着するが、日がまだ当たらず、ちょっと薄暗いから少し待って6時半入山。


下の方は紅葉が見頃だ。


d_D758553.jpg


写真は感度を上げて撮っているから明るいが、まだ薄暗い山中はちょっと緊張する。


d_D758568.jpg


尾根コースをすすむが、途中まで沢付近を歩く。


この時期は水面に溜まった落ち葉がトラップ化しているから注意が必要だ。


d_D758588.jpg


ただの落ち葉だと思って乗ると沢に落ちて足がびしょびしょになる。


そして沢から山に入り、急斜面をつづら折りに登っていく。


d_D758601.jpg


急斜面+落ち葉は滑りまくって歩きづらい。


滑る足元が気になるが、顔を上げれば紅葉が綺麗だ。


d_D758621.jpg


急斜面を登りきれば尾根歩き。


ちょっとスリリングなヤセ尾根もあれば、岩場、足場が狭い巻道等、バラエティーにとんだ登山道だ。


致命傷を受けそうな場所は少ないが、怪我以上が確定する場所が多数存在する。


そして木々の隙間から毛無岩が見えるとテンション上がる。


d_D758696.jpg


スリリングな登山道を淡々とこなし、入山してから約2時間40分、1月に撤退したポイントに到着。


そこから先に進むと、あの時は撤退して正解だったと思った。


ほぼ直登あり。


登るだけなら登れたかもしれないが、積雪がある直登ルートの下りは危険。


ねこぱんちゃんのレベルでは無理だ。


そして登り切った先は絶壁。


d_D758725.jpg


高度感は荒船山には敵わないが、下が岩な分恐怖感倍増だ。


そして山頂からの絶景。


d_D758741.jpg


荒船山がもうすぐそこ。


相変わらず天辺は平らだ。


d_D758731.jpg


立岩は北側から眺めると雰囲気がちょっと違う。


d_D758804.jpg


妙義山に高岩。


この写真では見えないが、ポイントを変えると御堂山のじじ岩、ばば岩も見える。


まさに絶景360°パノラマビュー。


こんな絶景スポットで朝食タイムにしたいが、毛無岩山頂は狭い。


のんびり店を広げるスペースがないから少し下がった所を朝食スポットとする。


d_D758796-1.jpg


今日は家にあったあまり美味しくなくて誰も食べない、


陳建一プロデュースのフカヒレスープを片栗粉でとろみを付けたら


d_D758765.jpg


焼きそばを炒めて


d_D758776.jpg


その上にぶっかけた


d_D758780.jpg


フカヒレスープあんかけ焼きそば。


その味は・・・


まぁ、そこそこ食える。


良かった、陳建一のフカヒレスープが無駄にならなくて。


でもあと2パックあるんだよなぁ。


どうしよ。





そして下山するのだが、山頂で会った単独のおじさんは沢コースで登ってきたとの事。


地図を見せてもらうと、尾根コースから沢コース(その逆も)で一周できる事になっている。


これは沢コースで下山するしかなかろう。


と、下山しはじめると、途中にいたおじさん2人組が登山道の確認をしてきた。


そのおじさん達が持っていた地図はこの南牧村発行の地図。


2018y11m11d_194115725.png


このおじさん達と抜きつ抜かれつで下山しながらリボンを見失い登山道を探しているうちに


なぜかこの地図の通り毛無岩を巻いて下山するルートになってしまった。


実際は相沢越から沢に下るルートがあるらしい。


まぁ、確かに現地は三叉路にはなっていたのを、曲がってしまったのが敗因だ。


でもなんだかんだ迷いながらも無事下山できた。


沢まで下りてからコーヒーで一休み。


d_D758844.jpg


急斜面+落ち葉を踏ん張りながら下ってきたから足の裏と親指の横に水豆が出来ていた。


それにしても毛無岩は登山道が不明瞭な所有、危険箇所有で、気軽にハイキングという山では無かった。


その分、山頂からの眺めは絶景だった。


またいつか登りたい。





コメントの投稿

非公開コメント

激寒の荒船山で味噌煮込みチャーシューうどん






そろそろ気温もヤマビルの活動温度16度を下回る日も多くなり、ねこぱんちゃん的西上州の山解禁!


って事で、足慣らしに荒船山へ。


早朝の荒船山は一部雲に覆われていたが、まぁいつもの事。


日が昇れば雲は晴れる。


D_D758174.jpg


駐車場には先客2台。


登山道は昨夜の雨で落ち葉が濡れていて、ドロ場・岩場が滑りやすいから注意しながら登る。


所々で霧に覆われ幻想的に。


D_D758184.jpg



道中起伏は激しくなく歩きやすい。


登山と言うよりはハイキングだ。


時折荒船山が顔を出す。


D_D758181.jpg


今年は台風で葉っぱが大量に落ちたらしく、紅葉はあまり・・かな?


D_D758207.jpg


上まで来ると日も昇っていて気持ちがいい。


D_D758228.jpg


とりあえず絶壁を上から覗き込む。


D_D758233.jpg


怖ぇ~!



そして横から眺める。


D_D758249.jpg


しばらく絶壁を堪能してから山小屋をかすめ


D_D758264.jpg


東側の展望場所へ。


D_D758289 (2)


向こうの山はまだ紅葉には早いみたい。


艫岩までもどり北側を眺めると


D_D758284 (2)


浅間山の天辺が白い!


昨日の雨はあっちは雪だったんだ!


暗いうちに出てきたからわからなかった。


雪なら浅間山行けば良かった~と思いながら艫岩で朝食。


艫岩は風強し&気温低し!


D_D758326 (2)


3度を切っている。


今日は秋の行楽日和との予報だったから冬の格好ではない。


長袖のシャツに薄手のフリース、その上に薄手のジャケットを羽織っているくらいだ。


風も強いから体感温度は-5度くらいに感じて、めちゃくちゃ寒い。


しかし今年はストームブレイカーをガソリン燃料で使う予定だから、


ガソリンを試すにはもってこいの条件。


D_D758295.jpg


試運転がてらうどんを煮込む。


ゴ~~~っとガソリンが燃える音が心地よい。


今日は味噌煮込みチャーシューうどんだ。


D_D758313.jpg


軍手をしているが手がかじかみ動かない。


鍋で手を温めながら箸を動かす。


程よく煮込んだ味噌煮込みチャーシューうどんは最高に美味い。


が、強風で体はみるみる冷めていく。


寒いから食べ終わるやいなや経塚山には行かず下山開始。


経塚山はまた今度。


下山すると、登る時はなかった神津牧場のもみじ祭りの案内が。


D_D758346.jpg


なぬっ!?荒船山登山者にはソフトクリーム無料サービス!?


よし!これは食後のデザートに食べなければ。


と券をもらって神津牧場へ。


神津牧場に着くと駐車場の先で今度はジャージー牛乳無料券をもらう。


牛、ヤギ、ヒツジ、ウサギを一通り眺めて癒やされたら


まずはジャージー牛乳をいただく。


D_D758367.jpg


濃厚で美味い。


お次はソフトクリーム。


D_D758369.jpg


あぁ~、個人的ソフトクリームランキングNo,1のこの味、最高~♪


ありがとう!神津牧場!


そして帰りにはすっかり雲が取れた荒船山。


D_D758388.jpg


気温も上がって汗ばむ陽気に。


艫岩は激寒だったが、ストームブレイカーのガソリンも試せたし、


ソフトクリームはサービスしてもらったしで大満足な荒船山だった。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこぱんちゃん

HN : ねこぱんちゃん



冒険+絶景+飯


 好きな事こそ原動力!

 外に出れば気分はもう大冒険!

ランキングに
参加しています

ポチッとお願いします