FC2ブログ

記事一覧

登山のカテゴリー記事一覧

メイン さらに古い記事一覧へ≫

やっと晴天の平標山






過去に2度挑戦して2度とも天気に恵まれなかった平標山。


日曜日は天気が悪いげだから今日しかない!?


って事で、平標山に3度目の挑戦。


1度目は松手山経由、二度目はヤカイ沢ルートで登ったから、今回は平成新道から行ってみよう。


スノーシューを装着してスタート。


平成新道に向かう林道にはトレースが1本。


DDSC_5062_R.jpg


このトレースを辿っていけば平成新道ルートで行けるだろうと思いトレース泥棒するも、


平成新道登山口手前で山中に消えていった。


まっさらな平成新道。


DDSC_5064_R.jpg


ルートがわからない。


沢があるから沢に落ちないように進んでいくと、途中でさっきのトレースと合流。


じゃぁ、やっぱりこのトレースが平成新道だ!とトレース泥棒再開。


今日は天気が良くて気持ちがいい。


DDSC_5068_R.jpg


最高のトレース泥棒日和だ。


しばらく快適にトレース泥棒していたが、徐々に違和感。


急斜面過ぎる・・・


これは平成新道じゃ無い!


ただの直登コースだな。


まぁ、雪山は登山道なんて無いのと同じだからいいんだけどね。


なんて思いながら登るも、急斜面過ぎてスノーシューだとツライ・・・


滑り落ちる・・・


途中でアイゼンに履き替えて登る。


滑り落ちないが埋まる・・・


正直ツライ・・・


10歩登って休み、5歩登って休み・・・


なかなか進まない。


ああ、樹氷がきれいだねぇ~。


DP3070040_R.jpg


なんて気を紛らわせながらなんとか尾根に到着。


DDSC_5097_R.jpg


下に平標山の家が見えたから、一本上の尾根を登ってきたらしい。


そしてここからがまたツライ・・・


すでに4時間歩き続けてきた足にこの傾斜はキツ過ぎる・・・


DDSC_5102_R.jpg


この急斜面を更に1時間登り、やっと山頂。


DDSC_5123_R.jpg


天気が崩れなくて良かった~♪


DDSC_5125_R.jpg


3度目にしてやっと展望に恵まれた。


DDSC_5140_R.jpg


余裕があれば仙ノ倉山までとか思っていたが、もう足が無理!


DDSC_5129_R.jpg


仙ノ倉山は雪がない時に挑戦しよう。


腹ペコで昼食タイムにしたかったが、山頂は大賑わい。


昼食は下山してから食べることにしてヤカイ沢ルートで下山。


DDSC_5148_R.jpg


さすがに下りは速い。


2時間かからず駐車場に到着。


あ~腹減った!


DDSC_5153_R.jpg


煮込み天ぷらうどんを食べてから帰宅。


ここんとこ直登系ばかり。


ゆる~い登山が懐かしい。





コメントの投稿

非公開コメント

スノーモンスターを見に憧れの蔵王へ






2月9,10,11の日月火と待ちに待った三連休。


しかも10日の月曜は平日。


これはもう行くしかないだろ!


土日は混んでて遠いところ。


そう、いつかは行ってみたいと思っていた憧れの蔵王!


今年は雪が少ないとはいえ先週は少し降ったみたいだし、今週末は気温が上がるらしい。


この連休しかない!


ちょっと天気が心配だが。


まぁ、行くだけ行ってみよう。


って事で、いざ目指せ蔵王ライザワールド。





深夜に出ていけば日帰りでも行けるだろうが、休み休み行きたいから前泊でのんびりと向かう。


時間があるから、モンベル山形店に立ち寄ってちょっと散財。


DIMG_20200209_144721_R.jpg


メリノウールの極寒用の靴下とか買ってしまった。


高いだけあってただの厚手の靴下より暖かい。


100均Seriaの屋上駐車場から蔵王を眺めると降ってる・・・


D_D752001_R.jpg


明日大丈夫かなぁ・・・










10日、朝。


曇ってる・・・


D_D752002_R.jpg


でもちょっと青空っぽいところも見え隠れ。


晴れるといいな、と出発。


蔵王ライザワールドのリフトを2本乗り継いで樹氷原地帯まで。


D_D752003_R.jpg


8時半からのはずなのになかなか開かないからよく見たらチケット購入はレストハウスだって。


レストハウスで入山届を出してリフト券2枚を購入。


リフト券は1枚350円で2枚で700円。


ちなみに下山はリフトは使えない。


リフトに乗り振り返ると


D_D752008_R.jpg


おおお~。


まだちょっと雲が厚いけど青空も広がってきた。


D_D752013_R.jpg


二本目のリフトに乗ると徐々にスノーモンスターが。


D_D752022_R.jpg


リフトを降りてモフモフの樹氷原地帯をとりあえずツボ足で歩くと、歩けるけど微妙に埋まるし歩きづらい。


軽アイゼンとスノーシューを持ってきたが、スノーシューで登ることにする。


D_D752033_R.jpg


まずは刈田岳まで。


その刈田岳までのルートはめちゃくちゃ絶景!


D_D752045_R.jpg


スノーモンスター自体は根子岳とかでも見れるが景色になったときの絶景感は、さすが蔵王!


と言わざるを得ない。


D_D752061_R.jpg


貸し切り状態。


D_D752069_R.jpg


余計なノイズは雪が吸収してくれるのか、聞こえるのは風の音だけ。


D_D752070_R.jpg


途中で青空も出て、もう最高♪


D_D752087_R.jpg



D_D752090_R.jpg



D_D752094_R.jpg



D_D752096_R.jpg



D_D752110_R.jpg



D_D752117_R.jpg



D_D752141_R.jpg


写真ばかり撮っていてなかなか進まない。


D_D752172_R.jpg


蔵王県境裁判となったリフト跡を登り上がれば刈田岳山頂が見える。


D_D752188_R.jpg


リフトを降りてから約2時間かけて刈田岳山頂へ。


D_D752207_R.jpg


お釜は真っ白。


山頂の鳥居と社は雪祭りの作品みたいに。


D_D752206_R.jpg


そして熊野岳を目指す。


が、風が強くなり寒い。


雲行きも怪しくなる。


しかもエビの尻尾は亀の手みたいに育っているが、スノーモンスターはほとんど無くて見どころが・・・


D_D752259_R.jpg


来るには来たが、写真だけ撮って撤退。


樹氷原地帯まで戻り、ノーモンスターに囲まれながら昼食。


せっかく東北に来たんだからと、


D_D752316_R.jpg


味噌キムチきりたんぽ鍋。


ちょっと違う!?www


食べていると雪雲が下がってきてみるみるホワイトアウト。


D_D752328_R.jpg


目印のポールが数メートル間隔であるが、視界が利くうちにと、急いで下山。


ゲレンデまで戻れば一安心。


D_D752357_R.jpg


車に戻ると本格的に降ってきた。


ナイスタイミング。


青空がちょっと少なかったけど、山頂にも人が少なくて最高の蔵王だった。




コメントの投稿

非公開コメント

黒斑山







2月2日


黒斑山もいい感じで雪が積もってんじゃない?


黒斑山にも行ってみよう。


でも美ヶ原高原から一度家まで帰って次の日また黒斑山まで来るのもなんだかなぁ~・・・


って事で、高峰高原ビジターセンターの駐車場で前泊。


朝、目を覚ますと風がゴーゴー音を立てて吹いている。


止めようか迷ったが、風が止むのを期待して日の出前に車坂峠からスタート。


D_D751786_R.jpg


ここんとこまともな斜面を歩いていなかったから出だしから結構キツイ・・・


でも時折木々の間から見える展望に励まされる。


D_D751788_R.jpg


そして雪や氷で覆われた木々も美しい。


D_D751830_R.jpg


槍ヶ鞘につく頃には日も昇ってしまったが、朝日で気温が少し上がったからなのか風が止んだ。


D_D751835_R.jpg


風が止んでいるタイミングで朝食タイムにしてしまいたいが、これだけのいい天気。


D_D751865_R.jpg


今日は絶対に混む!


黒斑山山頂でのんびりと朝食タイムは無理だろう。


D_D751873_R.jpg


鋸岳まで行けばのんびりできるか?


って事で先を急ぐ。


D_D751870_R.jpg


あの先まで。


賽の河原も歩きたいが、草すべりには踏み跡なし。


Jバンドから降りたら戻ってこれなくなるな・・・


止めておこう。


D_D751872_R.jpg


先を急ぎたいが、絶景過ぎて写真を撮ってばかりでなかなか進まない。


D_D751882_R.jpg


この景色で飯食うのもいいよねぇ。


D_D751931_R.jpg


D_D751976_R.jpg


って、仙人岳に近づくにつれ風がまた強くなる。


目の周りの露出している肌が痛い。


-10℃の突き刺す痛さの風・・・


Jバンド手前でギブアップ。


風があまり通らない岩の陰で朝食タイムにして引き返すことにする。


今日は煮込み切れてるブロックチャーシュー麺。


D_D751959_R.jpg


-10℃の中は湯気が半端ない。


D_D751953_R.jpg


食べ終わる頃には体が冷え切っていてすぐ退散。


帰りも風が痛い・・・


蛇骨岳で帰ればよかった・・・


しっかしさすが晴天の日曜日、すれ違う人の数も半端ではない。


避けてはこんにちは、避けてはこんにちはを繰り返していると、とある御一行様の中に素敵な笑顔の女性が!


思わず声が出た!


「あ!やまみほさんですよね?」


以前コメントをくれた事がある50代からのお気楽山登りのやまみほさんだった!


登山頻度と登る山のチョイスからそのうち会えるだろうと思っていたが、まさかこんな狭い林の中で・・・


後ろから人が来てるし!


挨拶もそこそこに写真を撮ってもらって、、「今度は山頂でゆっくりと」とその場を後に。


そしてしばらく、


「いや~、やまみほさんに会えるとは!今日は天気も良くて良かったなぁ~♪」


なんて余韻に浸っていたが、重大なことに気がつく・・・


写真を撮ってもらったけど、撮らせてもらってないじゃんっ!!!


あちゃ~・・・


ブロガー失格・・・


今度会った時は撮らせて下さいね。





コメントの投稿

非公開コメント

美ヶ原高原・王ヶ頭・王ヶ鼻






2月1日・・・


先週ちょっと雪が降ったらしいから、美ヶ原高原も積雪が増えただろうか・・・


って事で、美ヶ原高原の山本小屋の駐車場へ。


日が昇るちょっと前に駐車場を出発。


いい感じで朝焼けが始まっている。


D_D751703_R.jpg


幻想的な色合いで見入ってしまう。


D_D751708_R.jpg


日が昇り、雪の草原がオレンジ色に染まっていく。


綺麗だ。


D_D751717 (2)_R


雪は思ったほど積もっていないが、軽アイゼンで。


D_D751719_R.jpg


何度通っても飽きが来ない美しさ。


D_D751733 (3)_R


王ヶ頭経由で


D_D751737_R.jpg


王ヶ鼻へ。


D_D751746_R.jpg


王ヶ鼻の石標、なんでこの向きなのかとずーっと思っていたら、富士山がバックだったのね。


貸し切りだったから特等席で朝食タイム。


D_D751759_R.jpg


今日は煮込み水餃子野沢菜味噌のっけラーメン。


美味いが寒い。


D_D751762_R.jpg


-8度・・・


熱々のラーメンを食べ終わる頃には体は冷え切っていた。


D_D751748_R.jpg


もっと眺めていたかったが、寒くて退散。


寒かったが、天気にも恵まれて最高の美ヶ原高原だった。






コメントの投稿

非公開コメント

霧ヶ峰高原 車山






今年は雪が少ないらしい。


長野方面もそうなのだろうか・・・


って事で車山に行ってみた。


ビーナスラインに積雪はなかったが、白樺湖から上は少し凍結していた。


まだ暗いうちに車山肩の駐車場に到着。


駐車場は積雪あり。


少し仮眠して、明るくなってきた頃準備して出発。


D_D751623_R.jpg


やっぱり雪は少な目。


ここら辺に看板があったような気がしたのだが・・・


D_D751628_R.jpg


スノーシューを履くほどではなさそうだから軽アイゼンで登る。


登り始めると北アルプスがオレンジに染まってめちゃくちゃ綺麗。


D_D751631 (2)_R


しかも雲海がスゴイ!


八ヶ岳の向こうに富士山も。


D_D751640_R.jpg


天気予報は曇りっぽかったけど、ここはその雲の上みたい。


綺麗すぎて少し進めばシャッターきってて、かなりのスローペース。



時間をかけて山頂に到着。


D_D751650_R.jpg


山頂は珍しく風が穏やか。


D_D751654_R.jpg


軽く一周して写真を撮ったら


D_D751657_R.jpg


お楽しみの朝食タイム。


今日はおでん。


D_D751662_R.jpg


熱々で美味い!


が、おでんだけじゃ、ちょっと物足りない。


食後にコーヒーを飲みながら一休み。


D_D751667_R.jpg


せっかくだから車中泊して王ヶ頭・王ヶ鼻に行こうかと思ったけど


向こうも雪が少なさそう。


D_D751669_R.jpg


止めておこう。


そして北側に降りて


D_D751676_R.jpg


あちこちぶらぶら歩きまくってから


D_D751678_R.jpg


駐車場へ。


雪は少なかったが、思いの外楽しめた車山だった。




コメントの投稿

非公開コメント

二週連続で荒船山






土曜日、山友のやすたか君からLINEが入る。


明日近くの底山でも行きませんか?


丁度、明日は天気の加減でどこ行こうか悩んでいた所だったから


OK、行きたいところある?


と返すと、


稲含山か荒船山どうですか?


稲含山は一度行っているから荒船山行く?


って事で、やすたか君を荒船山にご案内~!


D_D751590_R.jpg


昨日ちょこっと雪が降ったから、駐車場からアイゼンを装着してスタート。


おしゃべりをしながら登っていると艫岩まであっという間。


D_D751621_R.jpg


浅間山は先週のほうが白かったような。


山小屋でコーヒーで一息入れたら、今日は経塚山まで行ってみよう。


D_D751599_R.jpg


経塚山までのこの道、好きだなぁ♪


なんて言いながら、展望のない経塚山山頂へ。


D_D751619_R.jpg


プレートは荒船山になっている。


帰りにまた山小屋によって昼食タイム。


DIMG_20200119_115657_R.jpg


今日はやすたか君が用意してくれた緑のたぬきと、ホットサンドで肉マンを焼いてみる。


が、肉マンは焦げ気味・・・


DIMG_20200119_120526_R.jpg


でも食べられたからOK~!


皮がカリカリの肉マン。


うん、なかなか美味いよ。


あとはフランクフルト焼いて


DIMG_20200119_122004_R.jpg


二連スノーピークでコーヒー。


DIMG_20200119_121614_R.jpg


たまには楽しくおしゃべりしながらの登山もいいよね♪


やすたか君、今日はお疲れ様でした。


今度はこうき君も一緒に行けるといいね~\(^o^)/






コメントの投稿

非公開コメント

西上州・荒船山







年末・年始は海に釣りに行っていたが、まるっきりのノーバイト。


完全ボウズの釣り納め&釣り始めとなってしまった。


これはもう暖かくなるまで釣りはお預けかな。


釣りをしないとなると、そりゃ山でしょう。


って事で、足慣らしに荒船山へGo~!


まだ暗いうちに家を出て、登山口で仮眠を取りながら夜明けを待つ。


6時半過ぎ、少し明るくなって来た頃を見計らって出発。


D_D751545_R.jpg


誰もいない、貸し切りの荒船山スタート。


荒船山登山道はアップダウンがそれほど激しくなく歩きやすい。


が、久しぶりの山歩きだから足が重い。


まぁ、体重もかなり増えてるしね。


雪があるようには見えなかったから、チェーンスパイクを持たずに登っていたら


日陰は所々雪があって、しかも凍っていてた。


帰りに転びそうな予感。


しかしチェーンスパイクがないからと言って登れない訳ではない。


D_D751549_R.jpg


順調に大岩を過ぎ


D_D751558_R.jpg


マツダランプを過ぎ絶壁へ。


絶壁は相変わらず怖くて、これ以上は近づけない。


D_D751561_R.jpg


横からも絶壁を眺めてから艫岩へ。


D_D751566_R.jpg


艫岩の上は強風が吹き荒れていて寒い!


-5度だが、体感温度は-15度くらいか?


浅間山が白くて綺麗だ。


D_D751571_R.jpg


寒いから今日は小屋に行って朝食タイムにしようか?


ちょっと弱気になるが、いやいやいや、景色を見ながらじゃなきゃ意味ないだろ!


って思い直し、方位盤の影で風を避けながらいざスタンバイ。


D_D751578_R.jpg


いくらか風を凌いではいるが、煮込んでいる間に体温がみるみる奪われる。


もうそろそろかな?と蓋を開けてみるといい感じ。


D_D751582_R.jpg


いっただっきまーす♪


って、熱っ!


体は冷え切っているがうどんは熱すぎて一気に食べられない。


結果、熱々の鍋焼きうどんを食べても体は温まらないから、食べ終わるや否や寒くて下山。


経塚山はまた今度。


下山途中でやっぱり滑って転んだが、怪我をしなくてよかった。


荒船山登山を考えている方はチェーンスパイクをお忘れなく。


D_D751589_R.jpg








コメントの投稿

非公開コメント

西上州・御堂山 ~じぃとばぁを眺めに帝釈岩付近まで~






そろそろ山のシーズンってことで、ダイエットを兼ねて体力作りのためランニングしたりしているが、


なかなか成果が出ない今日このごろ。


気温もだいぶ下がってきたからヤマビルの心配ももうしなくて大丈夫だろ。


って事で、足慣らしに御堂山へ。


D_D751424_R.jpg


西牧関所跡の脇から登山口へ。


D_D751427_R.jpg


久しぶりの山歩き。


足が、体が重い。


そりゃそうだ、体重は10kgくらい増えている。


少し歩いただけで、体力もかなり落ちている事が実感できる。


御堂山ってこんなにキツかったっけ?


と思いながら休み休み林道を上っていくと、所々に台風の爪痕が。


D_D751429_R.jpg


天狗の架け橋!?


D_D751439_R.jpg


丸太1本!


マジか!


と思ったら巻道があった。良かった。


今日はじじ岩・ばば岩には寄らず、山頂にも行かずで、帝釈岩方面へ。


じぃばぁ覗きからの景色を堪能する。


D_D751462_R.jpg


紅葉はもう終わりだね。


そして帝釈岩はどれだかわからないから展望の良い岩の上でじじ岩ばば岩を眺めながら朝食タイム。


今日はチゲ鍋肉うどん。


D_D751473_R.jpg


野菜から水分が出るからとスープ少なめに作ったら、思ったほど水分でなくてちょっと残念な感じに。


でも美味かった♪


やっぱ山は良いね~!





コメントの投稿

非公開コメント

前掛山リベンジ







2月24日


前掛山

登り   3時間     浅間山荘~火山館~前掛山山頂
下り   2時間     前掛山山頂~火山館~浅間山荘


D2019y02m24d_145043682_R.jpg


12月に山頂手前で撤退した前掛山にリベンジに行ってきた。





浅間山荘の駐車場(駐車料金500円)に車を止めて6時過ぎに出発。


D_D751061_R.jpg


今日の天気予報は晴天、風弱し。


前掛山山頂付近は強風が吹いてる事が多いため


今日登らなければいつ登るの!?


って言うくらい絶好の前掛山日和。


ここんとこいくらか気温が高かったからなのか、歩きはじめは雪は無し。


途中から雪&氷になるが、アイゼン無しで進む。


青空が気持ちいい。


D_D751074_R.jpg


約1時間半で火山館に到着。


D_D751083_R.jpg


今日は午後に用事があるからいつも以上にノンストップで登る。


アイゼンを装着したのは浅間山の一番急斜面と思われる所。


D_D751107_R.jpg


さすがにココは滑ったら怖い。


急斜面を登り切るともう少しで前掛山。


D_D751114 (2)_R


前回の強風が嘘のような穏やかさ。


D_D751123 (2)_R


しかし時折吹く風はめちゃくちゃ冷たい。


そしてついに前掛山山頂。


D_D751128_R.jpg


山頂からの眺めは絶景!


D_D751145_R.jpg


D_D751148_R.jpg


D_D751132_R.jpg


山頂から少し下った岩に腰掛けて絶景を眺めながらカップラーメン。


D_D751159_R.jpg


すぐヌルくなってしまったが美味い。


ゆっくり出来なかったが、天気が良く風も弱くて最高の前掛山だった。




コメントの投稿

非公開コメント

根子岳






2月17日


根子岳

登り  3時間(遊びながら)      奥ダボススキー場~根子岳
下り  1時間20分(遊びながら)     根子岳~奥ダボススキー場


D2019y02m17d_154959841_R.jpg


2月のはじめ、久しぶりに山友のこうきくんから連絡があった。


冬山装備を揃えたから山行きませんか?


と。


日にち合わせをして、約1年ぶりくらいになる山友との山行に胸を弾ませて富岡ICで待ち合わせ。


そして今回の山行に選んだ先は根子岳。


こうき君とやすたか君の近状等を話しながら奥ダボススキー場へ。





根子岳の奥ダボススキー場からゲレンデ脇を登っていくルート。


D_D750919_R.jpg


7時過ぎ、奥ダボススキー場を出発。


D_D750921_R.jpg


こうき君は全身モンベルに、やすたか君はピッケル片手に、会うたびに山レベルが上っているようだ。


ほぼ貸切状態のゲレンデをテンション高く登る。


が、いきなりかなりの急勾配。


D_D750923_R.jpg


写真を撮りながらのんびり進む。


D_D750930_R.jpg


いつも単独だからお喋りしながらの山登りは楽しい♪


途中でおそろいのスノーピークのマグカップでコーヒータイムをとったりして


D_D750944_R.jpg


白い世界を堪能しながら登る。


D_D750947_R.jpg


と、途中でスノーキャットが通り過ぎると


D_D750966_R.jpg


こうき君が走って追いかけて行く。


若いって素晴らしい(笑)


山頂付近はスノーモンスターが育っている最中。


D_D750991_R.jpg


もうちょっと育ってほしいな。


そして遊びながら約3時間で山頂到着。


D_D751001_R (2)


頭の上は晴天だけど、周囲の山々には雲がかかっている。


D_D751008_R.jpg


霞がかっているし根子岳ブルーとは言えないか。


程よくお腹も減ったからちょっと早めの昼食。


良いポイントを探していると


D_D751007_R.jpg


おもしろ写真を撮ろうとして埋まるやすたか君(笑)


そしていざ山飯タイムに突入すると・・・


な、なんと!


やすたか君からサプライズプレゼント!


D_D751011_R.jpg


THE 椅子!


しかもお揃い!


登った後のベタ座りって結構足が攣って辛いから、これは嬉しいプレゼントを頂いちゃった♪


ありがとう\(^o^)/


この椅子のおかげで今日は足が攣らずに済んだ。


そして今日はねこぱんちゃんが豚汁


D_D751022_R.jpg


こうき君が麻婆豆腐


D_D751024_R.jpg


やすたか君がご飯


D_D751031 (2)_R


を作り、三人で分け合って食べる。


美味しい~♪


下山もまた遊びながら。


D_D751049_R.jpg


尻シェードと(笑)


D_D751051_R.jpg


腹シェード(笑)


無事に奥ダボススキー場に戻り三人の足を撮って山行終了。


D_D751060_R.jpg


今日は天気も良く楽しく雪山を堪能出来て良かった。


こうき君、やすたか君、今日はありがとう。


また暇があるとき誘ってね~\(^o^)/





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこぱんちゃん

HN : ねこぱんちゃん



冒険+絶景+飯


 好きな事こそ原動力!

 外に出れば気分はもう大冒険!

ランキングに
参加しています

ポチッとお願いします