fc2ブログ

記事一覧

その他の山のカテゴリー記事一覧

メイン さらに古い記事一覧へ≫

高ボッチ高原







会社の後輩が「憂さ晴らしにどこか行きませんか?」


と言ってきた。


どこか行きたい所あるん?と聞くと


「高ボッチ。」






高ボッチ高原は5年前に奥様とドライブがてらでかけてみたら思いの外良いところで、


後輩に「高ボッチ高原良いよ~!今度行ってみ!」


と言っていた場所だ。


ただ今はゆるキャンの聖地として話題になっている。


キャンプも出来る様になったみたいだ。


後輩はそれを知らないで言っているみたいだが、混んでるんじゃ・・・


まぁ、せっかくだから行ってみるか。


6月12日土曜日。


早起きが苦手な後輩を早起きさせ、4時半に出発。


なんだかんだで8時前に到着。


DDSC_5964.jpg


天気は微妙。


雨が降って無くて良かったって感じ。


DDSC_5972.jpg


朝早いからなのか、キャンパー数人、車中泊数台で案外空いている。


とりあえず諏訪湖を眺めて


DDSC_5979.jpg


高原を散策。


DDSC_5982.jpg


気持ちいいね~!


天気微妙だけど高ボッチ最高~!


いい景色見て、おいしい空気吸ってリフレッシュ♪


しばらく高ボッチ高原を堪能したら次は立石公園に移動。


DDSC_5993.jpg


ここは相変わらず混んでる。


何かの映画の聖地らしい。


5年前に奥さんを夜景を見に連れてきたけど、「寒い!」って言って感動も何も無かったなぁ(笑)


そしてビーナスラインの霧の駅でソフトクリームを食す。


DIMG_20210612_110050.jpg


売店のお兄さんが特盛にしてくれた(笑)


DIMG_20210612_111443.jpg


遊歩道をぶらり散歩。


その後は女神湖湖畔の「Picnicbase&Hostel」というピクニック屋さん?で昼食に唐揚げ定食をテイクアウト。


と思ったらテイクアウトメニューに唐揚げ定食は無し。


残念!と言っていたらマスターが唐揚げ定食をテイクアウトで作りますよ。


とワガママを聞いてくれる。


しかも出来上がるまでの待ち時間に珈琲を入れて出してくれた。


その上、「ご飯多めにしておきました。あと豚汁入れときましたので飲んでください。」と大盛り&豚汁までサービス!


至れり尽くせり!


マスターありがとうございました(≧∇≦)/


マスターのご厚意に甘え、女神湖を眺めながらテイクアウトの唐揚げ定食&豚汁を食べお腹いっぱい。


食休みにたまた~り雑談したら女神湖を一周散歩。


帰りは長門牧場でアルパカを見て帰宅。


DIMG_20210612_141130.jpg


久しぶりに出かけて楽しかった♪


後輩もかなりリフレッシュ出来たみたいで良かった。



コメントの投稿

非公開コメント

まだまだ寒い小浅間山でチゲ鍋







GWも残すとこ今日入れて2日。


あと2日もある。


もう2日しかない。


どっちに思おうか?


どうに思っても2日は2日。


今日という日を目一杯楽しむぜぇ~♪


と、一路目指すは小浅間山。


浅間山の手前にちょこんとある、山頂までは4、50分で登れるお手軽な山だ。


駐車場に車を止め、準備を終えると4時20分。


DD75_5777-1.jpg


まだ暗いが、急げば日の出に間に合うか?


と、出発。


薄明るくて真っ暗ではないが、一応ライトで照らしながら入山。


DD75_5782.jpg


林の向こうから半月が覗き、鳥たちはもう目を覚ましピーチクパーチク歌っている。


DD75_5788.jpg


しばらくしてだんだん明るくなり、ライトを消す頃には体も温まり少し汗ばむ。


DD75_5795.jpg


でも気温は-2℃。


霜柱が立っている。


DD75_5878.jpg


林を抜け視界が開けると、軽石ゾーン。


DD75_5802.jpg


ここから斜面は急になるうえ、細かい軽石に足を取られて歩きづらくなる。


休み休み登りたいところだが、もう東の空はかなり明るい。


既に日が昇っているのか?


一息も入れずに登る。


一気に汗が吹き出す。


そして山頂。


DD75_5821.jpg


ああ・・・


ちょっと遅かった・・・


まぁ、いっか。


これはこれで綺麗だし。


しばらく見とれて振り返ると、そこには浅間山。


DD75_5868.jpg


カッコいいね、浅間山。


今日は噴煙出てないね。


いつかは火山警戒レベルが下がって、あの登山道を登って火口の千トン岩を見に行ける様になるのだろうか。


今日冷やし中華あたりをチョイスしてたら、マイナスの世界で食べる雪見冷やし中華になるとこだった。


こんな寒い中で冷やし中華は嫌だから、ホット冷やし中華もしくは煮込み冷やし中華ってどうやれば作れるだろう。


なんて考えながら朝食タイム。


今日は、先月発売されたUNIFLAMEの焚き火鍋を使ってみたくてチゲ鍋にする。


DD75_5844.jpg


焚き火用の鍋だけどコンロやバーナーでも全然OK!


ねこぱんちゃんは焚き火じゃ多分使わない。


DD75_5851.jpg


木蓋にはUNIFLAMEの焼印。


カッコいいが、この手の木蓋はスープに浸かると木の風味がめちゃくちゃ出て、


せっかく作った料理がとても食べられる代物じゃなくなる事があるから要注意。


その風味をとるために、昨日一日蓋だけ煮込んだけどまだまだ出そう。


おでんの汁とかで煮るとおでんの味が染み込んで木の風味が消えるらしい。


DD75_5853.jpg


具材を入れて煮込む。


DD75_5854.jpg


チゲ鍋のスープと味噌を入れてまた煮込み、


DD75_5857.jpg


完成~♪


浅間山を眺めながら食す。


DD75_5862.jpg


辛過ぎず、丁度いい辛さ。


味の濃さも丁度いい。


うんま~い♪


思った以上に寒かったから、鍋にして正解!


UNIFLAMEの焚き火鍋も1人前に丁度いいね。


箱にsoroサイズって書いてあるしね。


そして辛いものの後には甘いもの。


DD75_5863.jpg


ふんわりどら焼き 栗&ホイップ。


うん、ふんわりしてて美味しい。


でもどら焼きは、どっしり重たい方が好きかも。


お腹いっぱいになった所で下山。


下山しながら妙義山を眺めてみれば、霞んで水墨画のような風景。


DD75_5886.jpg


綺麗だねぇ~♪


それにしてもそこそこ人気の小浅間山を独り占め出来て良かった。


駐車場に戻り、まだ時間も早いし天気も良いから、遠回りをして帰ろう。


と、草津・中之条方面へとコペンでオープンドライブ♪


北軽井沢から長野原、八ッ場ダムへと向かい、


裏榛名を快適に走り抜け榛名湖へ。


DD75_5896-1.jpg


時間も8時近くになり、榛名湖には観光客がチラホラ。


写真だけ撮って帰宅。


今日も人との接触ゼロ。


コペンでのオープンドライブが癖になりそう♪




コメントの投稿

非公開コメント

長七郎山でスノーシュー






久しぶりの2連休♪


どこに行こうかと色々悩むが、大っぴらに出かけるのも気が引けるから地元群馬の赤城山へ。


長七郎山でスノーシューだぁ♪


と、金曜日の仕事を終えシャワーを浴び小沼の駐車場へ。


星が綺麗かな?


とカメラをスタンバるが、電柱&電線が邪魔をしてあんまりいただけない。


DD75_4678-1_R.jpg


時間も時間だから、ちょこっと眺めて就寝。





日の出前に目が覚めたから準備して出発。


DD75_4695_R.jpg


うーん・・・


踏み固まってる。


スノーシュー履かなくても行けそうだが・・・


折角だから履いていこうか。


と、スノーシューを履いてみる。


履いたからにはもちろん雪深い所を攻める。


DD75_4701_R.jpg


でも締まってるから沈んでもこんなもん。


パウダースノーの上を歩きたい。


途中で上州武尊山を撮影しているおじさんと少し話しをしていたら日の出を逃す。


視界がひらけた時には日が昇っていた。


DD75_4718_R.jpg


でもオレンジ色で綺麗だね。


雪もオレンジ色に染まる。


DD75_4708_R.jpg


雪庇はまだそんなに育っていないね。


そして約40分で山頂に到着。


DD75_4732_R.jpg


空は晴れているが、雲海と言うよりモヤってる?


DD75_4734_R.jpg


ちょっと幻想的。


お腹が空いたから長居はしないで下って小沼へ。


DD75_4747_R.jpg


全面凍った小沼。


今年はかなり歩いた跡があるから横断して向こう岸に。


これ、歩いた跡がないと何時氷が割れるかと心配でオッカナイんだよね。


そしていつものベンチで朝食タイム。


DD75_4754_R.jpg



今日は肉ワンタン入り味噌キムチうどん。


DD75_4762_R.jpg


ちょっと辛くて熱々で美味い!


今日は気温も低くなく、食べてる間に日も差してきて心も体も温まった♪


DD75_4773_R.jpg


今日初履きのMRSライトニングエクスプローラー。


なかなかいい感じ。


次はどこにでスノーシューしようかな。





コメントの投稿

非公開コメント

飯盛山へ再び






長野県が大好きな会社の後輩に、


この前、飯盛山に登ったら景色がパノラマで最高だった!


と話をしたら、


ぜひ俺も連れて行ってください!


との事。


こんな時だから、平沢峠までの道中や山頂での飯とかは大した事しないけど、それでもよければ。


って事で、雪が舞う中車を走らせて行ってきた。


佐久穂の辺はかなり降っていたから、平沢峠に着いた時にはグリルとナンバーにちょっと積もっていた。


DD75_4116_R.jpg


野辺山周辺はすでに雪が止んでいて、登山道も大丈夫そう。


しかし肝心な八ヶ岳は雪雲の中。


これから晴れることを祈りながら、念の為の軽アイゼンとチェーンスパイクをバックパックに詰めて登る。


しかしその願い虚しく山頂に着いても雲の中。


DD75_4122_R.jpg


南アルプスにも雲がかかってる。


DD75_4123_R.jpg


かろうじて富士山は大丈夫。


DD75_4121-1_R.jpg


もう少しで雲が晴れて全貌が見えそうになるものの、なかなか晴れず・・・


仕方ないから山頂で軽くうどんを食べ、見晴台、平沢山経由で下山。


DD75_4126_R.jpg


下山しても八ヶ岳は雲の中。


ちょっと残念な展望だったが、その広大なパノラマビューが望めるということは伝わったから良かった。


今度は快晴の日に!




コメントの投稿

非公開コメント

360°絶景パノラマビューな飯盛山







日曜日、明け方目を覚まし出かけようか考えるがなんか気分が乗らなくうだうだする。


しかし意を決し、5時に起きて準備して出発。


目指すは野辺山高原 平沢峠。


時間がちょっと遅いから混んでるかな?


っと、8時前に到着。


駐車場はまだ空いている。


DD75_3537-1_R.jpg


うわ~!


絶景!


真正面にどど~んと八ヶ岳。


ここまでのドライブで十分満足できる。


だがしかし。


ここ平沢峠の駐車場は飯盛山の登山口になっているとか。


しかも山頂まで1時間のお手軽ハイキングコース。


登らない手はないでしょう。


DD75_3551_R.jpg


駐車場横の獅子岩を眺めながらいざ入山。


歩きはじめはちょっとガレているが、比較的歩きやすいコース。


DD75_3554_R.jpg


アップダウンもそれほど激しくない。


しかしこの時期、霜が凍っているうちは良いけど、溶けると悲惨・・・


帰りは足元が酷いことになりそう。


DD75_3578_R.jpg


と、飯盛山の山頂が見えると、奥には富士山が。


ここら辺から眺める展望は最高。


こりゃ山頂にはどれだけの絶景が待ってるんだ!?


と、はやる気持ちを抑えて山頂に向かう。


そして登る事約50分、山頂に到着。


DD75_3606_R.jpg


山頂は360°の大パノラマ!


しかも八ヶ岳や


DD75_3617_R.jpg


南アルプスが絶妙な距離感でそびえ立つ。


DD75_3619_R.jpg


もちろん北には浅間山、東に金峰山、瑞牆山、南に富士山とどこを眺めても絶景だ。


しばらく絶景を眺めて楽しむ。


そしてお楽しみの朝食タイムだが、すでに山頂には数組の登山者が。


普段は誰もいない山頂で朝食タイムだからちょっと躊躇するが、


まぁ、そんな時もある。


と、鍋を出す。


DD75_3626_R.jpg


八ヶ岳方面を眺めながら煮込むのは、来る途中に寄った24時間やってる西友で買った


鶏よせ鍋(うどん入り)を鍋に移しただけという簡単手抜き料理。


っていうか、料理とは言わない?(笑)


味が薄くなるからスープは少なめで。


DD75_3635_R.jpg


あ~、美味い♪


飯盛山の山頂、最高~!


と、堪能していると、次から次へと登山者がやってくる。


良かった、人が少ない時に朝食タイムができて。


さっさと片付けて下山する。


下山中も登ってくる人の多い事多い事!


まぁ、これだけ良い山に人が来ないわけないもんね。


360°絶景パノラマビューの飯盛山、めちゃくちゃ最高~!


また登ろう。




コメントの投稿

非公開コメント

美ヶ原高原 茶臼山






美ヶ原高原を歩きたくて明け方前に一人コペンで長野に向かう。


さすがにこの時間はオープンにはしない。


眠気と戦いながら車を走らせ、山本小屋が近づいてくると路面にはまさかの雪!


そしてちらほら降っている。


マジですか~っ!?


雪なんて思ってもいなかったからノーマルタイヤだよ!


まぁ、そんなに積もっている訳ではないし、星が出てるからちょっと降ってるだけだろうし。


山本小屋まで行ってみよう。


と、到着すると


雪は止んで3cmくらい積もってる。


う~ん、溶けたら靴下まで濡れそうだな・・・


どうしよ。


帰るにしたって、下りの雪は怖いし・・・


とりあえず眠いから寝よう。


そして起きてから考えよう。


と仮眠をとる。


しかしコペンのこんな狭い、しかもシートも倒せない所で寝れるか?!


って・・・(-_-)zzz


案外寝れる(笑)





1時間くらい仮眠しても状況は変わらず。


帰るには路面の雪が嫌な感じだから、路面の雪が溶けるまで歩いてくるか。


と、覚悟を決め出発。


DD75_3194_R.jpg


歩きだすと風があり、ちょっと寒い。


この風だとバーナー使えないかな?


なんて考えながら歩いているとちょっと気になる道標。


DD75_3200_R.jpg


茶臼山?


何度もここ来てるけど、王ヶ頭・王ヶ鼻以外行ったこと無いなぁ。


久々に冒険してみるか!


と茶臼山を目指す。


ちょっとガレ場っぽい所とかあるけど、歩きやすいハイキングコース。


DD75_3223_R.jpg


道中の展望も悪くない。


DD75_3210_R.jpg


アップダウンも激しくないが、山頂っぽいのが見えるとテンションが上がる。


DD75_3231_R.jpg


約1時間で茶臼山山頂に到着~。


DD75_3254_R.jpg


適度な広さがあるから、風が頭の上を抜けて行く感じでバーナーが使えそう。


DD75_3236_R.jpg


誰もいないから、正面に蓼科山を望みながら朝食タイム。


DD75_3244-1_R.jpg


煮込んで、煮込んで、蓋を取ると


DD75_3249_R.jpg


湯気がもわ~んと!


煮込み味噌自家製チャーシュー麺の出来上がり~♪


DD75_3245_R.jpg


麺を煮込んで、うちから持っていった具材を乗せて更に煮込んだだけだが、


めちゃくちゃ上手い!


特にこの自家製チャーシューが最高♪


って、自分で作って自分で褒めてりゃ世話ないね(笑)


あ~、もう満足。


王ヶ頭・王ヶ鼻はまた今度でいいや。


と、電波塔を眺めながら戻る。


DD75_3260_R.jpg


帰りは雪も溶けたからビーナスラインをドライブ。


もちろんオープンで。


DD75_3289_R.jpg


ビーナスラインをオープンカーで走るの、夢だったんだよね~♪


こんな景色のいい所をオープンカーで走ったら気持ちいいだろうなって。


DD75_3308_R.jpg


思った通り、最高に気持ちいい~!


外気温3度でも気にならないくらいの気持ちよさ。


DD75_3350_R.jpg


蓼科山と八ヶ岳を眺めながら帰宅。


久しぶりのハイキングで楽しかった♪


が、年々登山らしい登山をしなくなってきたから、体力と足腰に衰えが・・・


体重を落として体力つけなきゃ!


頑張ろっと。




コメントの投稿

非公開コメント

やっと晴天の平標山






過去に2度挑戦して2度とも天気に恵まれなかった平標山。


日曜日は天気が悪いげだから今日しかない!?


って事で、平標山に3度目の挑戦。


1度目は松手山経由、二度目はヤカイ沢ルートで登ったから、今回は平成新道から行ってみよう。


スノーシューを装着してスタート。


平成新道に向かう林道にはトレースが1本。


DDSC_5062_R.jpg


このトレースを辿っていけば平成新道ルートで行けるだろうと思いトレース泥棒するも、


平成新道登山口手前で山中に消えていった。


まっさらな平成新道。


DDSC_5064_R.jpg


ルートがわからない。


沢があるから沢に落ちないように進んでいくと、途中でさっきのトレースと合流。


じゃぁ、やっぱりこのトレースが平成新道だ!とトレース泥棒再開。


今日は天気が良くて気持ちがいい。


DDSC_5068_R.jpg


最高のトレース泥棒日和だ。


しばらく快適にトレース泥棒していたが、徐々に違和感。


急斜面過ぎる・・・


これは平成新道じゃ無い!


ただの直登コースだな。


まぁ、雪山は登山道なんて無いのと同じだからいいんだけどね。


なんて思いながら登るも、急斜面過ぎてスノーシューだとツライ・・・


滑り落ちる・・・


途中でアイゼンに履き替えて登る。


滑り落ちないが埋まる・・・


正直ツライ・・・


10歩登って休み、5歩登って休み・・・


なかなか進まない。


ああ、樹氷がきれいだねぇ~。


DP3070040_R.jpg


なんて気を紛らわせながらなんとか尾根に到着。


DDSC_5097_R.jpg


下に平標山の家が見えたから、一本上の尾根を登ってきたらしい。


そしてここからがまたツライ・・・


すでに4時間歩き続けてきた足にこの傾斜はキツ過ぎる・・・


DDSC_5102_R.jpg


この急斜面を更に1時間登り、やっと山頂。


DDSC_5123_R.jpg


天気が崩れなくて良かった~♪


DDSC_5125_R.jpg


3度目にしてやっと展望に恵まれた。


DDSC_5140_R.jpg


余裕があれば仙ノ倉山までとか思っていたが、もう足が無理!


DDSC_5129_R.jpg


仙ノ倉山は雪がない時に挑戦しよう。


腹ペコで昼食タイムにしたかったが、山頂は大賑わい。


昼食は下山してから食べることにしてヤカイ沢ルートで下山。


DDSC_5148_R.jpg


さすがに下りは速い。


2時間かからず駐車場に到着。


あ~腹減った!


DDSC_5153_R.jpg


煮込み天ぷらうどんを食べてから帰宅。


ここんとこ直登系ばかり。


ゆる~い登山が懐かしい。





コメントの投稿

非公開コメント

黒斑山







2月2日


黒斑山もいい感じで雪が積もってんじゃない?


黒斑山にも行ってみよう。


でも美ヶ原高原から一度家まで帰って次の日また黒斑山まで来るのもなんだかなぁ~・・・


って事で、高峰高原ビジターセンターの駐車場で前泊。


朝、目を覚ますと風がゴーゴー音を立てて吹いている。


止めようか迷ったが、風が止むのを期待して日の出前に車坂峠からスタート。


D_D751786_R.jpg


ここんとこまともな斜面を歩いていなかったから出だしから結構キツイ・・・


でも時折木々の間から見える展望に励まされる。


D_D751788_R.jpg


そして雪や氷で覆われた木々も美しい。


D_D751830_R.jpg


槍ヶ鞘につく頃には日も昇ってしまったが、朝日で気温が少し上がったからなのか風が止んだ。


D_D751835_R.jpg


風が止んでいるタイミングで朝食タイムにしてしまいたいが、これだけのいい天気。


D_D751865_R.jpg


今日は絶対に混む!


黒斑山山頂でのんびりと朝食タイムは無理だろう。


D_D751873_R.jpg


鋸岳まで行けばのんびりできるか?


って事で先を急ぐ。


D_D751870_R.jpg


あの先まで。


賽の河原も歩きたいが、草すべりには踏み跡なし。


Jバンドから降りたら戻ってこれなくなるな・・・


止めておこう。


D_D751872_R.jpg


先を急ぎたいが、絶景過ぎて写真を撮ってばかりでなかなか進まない。


D_D751882_R.jpg


この景色で飯食うのもいいよねぇ。


D_D751931_R.jpg


D_D751976_R.jpg


って、仙人岳に近づくにつれ風がまた強くなる。


目の周りの露出している肌が痛い。


-10℃の突き刺す痛さの風・・・


Jバンド手前でギブアップ。


風があまり通らない岩の陰で朝食タイムにして引き返すことにする。


今日は煮込み切れてるブロックチャーシュー麺。


D_D751959_R.jpg


-10℃の中は湯気が半端ない。


D_D751953_R.jpg


食べ終わる頃には体が冷え切っていてすぐ退散。


帰りも風が痛い・・・


蛇骨岳で帰ればよかった・・・


しっかしさすが晴天の日曜日、すれ違う人の数も半端ではない。


避けてはこんにちは、避けてはこんにちはを繰り返していると、とある御一行様の中に素敵な笑顔の女性が!


思わず声が出た!


「あ!やまみほさんですよね?」


以前コメントをくれた事がある50代からのお気楽山登りのやまみほさんだった!


登山頻度と登る山のチョイスからそのうち会えるだろうと思っていたが、まさかこんな狭い林の中で・・・


後ろから人が来てるし!


挨拶もそこそこに写真を撮ってもらって、、「今度は山頂でゆっくりと」とその場を後に。


そしてしばらく、


「いや~、やまみほさんに会えるとは!今日は天気も良くて良かったなぁ~♪」


なんて余韻に浸っていたが、重大なことに気がつく・・・


写真を撮ってもらったけど、撮らせてもらってないじゃんっ!!!


あちゃ~・・・


ブロガー失格・・・


今度会った時は撮らせて下さいね。





コメントの投稿

非公開コメント

根子岳






2月17日


根子岳

登り  3時間(遊びながら)      奥ダボススキー場~根子岳
下り  1時間20分(遊びながら)     根子岳~奥ダボススキー場


D2019y02m17d_154959841_R.jpg


2月のはじめ、久しぶりに山友のこうきくんから連絡があった。


冬山装備を揃えたから山行きませんか?


と。


日にち合わせをして、約1年ぶりくらいになる山友との山行に胸を弾ませて富岡ICで待ち合わせ。


そして今回の山行に選んだ先は根子岳。


こうき君とやすたか君の近状等を話しながら奥ダボススキー場へ。





根子岳の奥ダボススキー場からゲレンデ脇を登っていくルート。


D_D750919_R.jpg


7時過ぎ、奥ダボススキー場を出発。


D_D750921_R.jpg


こうき君は全身モンベルに、やすたか君はピッケル片手に、会うたびに山レベルが上っているようだ。


ほぼ貸切状態のゲレンデをテンション高く登る。


が、いきなりかなりの急勾配。


D_D750923_R.jpg


写真を撮りながらのんびり進む。


D_D750930_R.jpg


いつも単独だからお喋りしながらの山登りは楽しい♪


途中でおそろいのスノーピークのマグカップでコーヒータイムをとったりして


D_D750944_R.jpg


白い世界を堪能しながら登る。


D_D750947_R.jpg


と、途中でスノーキャットが通り過ぎると


D_D750966_R.jpg


こうき君が走って追いかけて行く。


若いって素晴らしい(笑)


山頂付近はスノーモンスターが育っている最中。


D_D750991_R.jpg


もうちょっと育ってほしいな。


そして遊びながら約3時間で山頂到着。


D_D751001_R (2)


頭の上は晴天だけど、周囲の山々には雲がかかっている。


D_D751008_R.jpg


霞がかっているし根子岳ブルーとは言えないか。


程よくお腹も減ったからちょっと早めの昼食。


良いポイントを探していると


D_D751007_R.jpg


おもしろ写真を撮ろうとして埋まるやすたか君(笑)


そしていざ山飯タイムに突入すると・・・


な、なんと!


やすたか君からサプライズプレゼント!


D_D751011_R.jpg


THE 椅子!


しかもお揃い!


登った後のベタ座りって結構足が攣って辛いから、これは嬉しいプレゼントを頂いちゃった♪


ありがとう\(^o^)/


この椅子のおかげで今日は足が攣らずに済んだ。


そして今日はねこぱんちゃんが豚汁


D_D751022_R.jpg


こうき君が麻婆豆腐


D_D751024_R.jpg


やすたか君がご飯


D_D751031 (2)_R


を作り、三人で分け合って食べる。


美味しい~♪


下山もまた遊びながら。


D_D751049_R.jpg


尻シェードと(笑)


D_D751051_R.jpg


腹シェード(笑)


無事に奥ダボススキー場に戻り三人の足を撮って山行終了。


D_D751060_R.jpg


今日は天気も良く楽しく雪山を堪能出来て良かった。


こうき君、やすたか君、今日はありがとう。


また暇があるとき誘ってね~\(^o^)/





コメントの投稿

非公開コメント

平標山にリベンジするも






1月13日


平標山

登り 4時間40分       平標山登山口~ヤカイ沢ルート~山頂
下り 2時間40分(休憩含み) 山頂~ヤカイ沢ルート~平標山登山口


2019y01m13d_194550701_R.jpg



年末に途中撤退した平標山


てんきとくらすの天気予報だと、今日の平標山の登山指数はA!


こりゃリベンジするしか無いでしょう。


って事で火打峠のトンネル出口の駐車場へ。





朝5時駐車場着すると、すでに何台か止まっている。


明るくなるまで仮眠をとり、準備して外に出てみると駐車場はほぼ満車。


程よく踏まれていそうだからアイゼンのみ持って出発。


まずは除雪されている別荘道をしばらく歩いて


_D750078_R.jpg


登山道。


_D750082_R.jpg


雪がなければ林道なのかな?


途中で平標山の家に向かうルートから枝分かれして進む。


思った程踏まれていなくて、かなり踏み抜く。


みんなバックカントリーなのか?


スノーシューが正解だったかも。


天気ももしかして思わしくない!?


_D750096_R.jpg


そしてかなりの急傾斜&踏み抜きでめちゃくちゃ疲れる。


5歩進んで休んで、10歩進んで休んで、で、全然進まない。


それでもなんとか稜線に出ると絶景が♪


_D750121_R.jpg


疲れがぶっ飛ぶ瞬間だ。


しかしここからがまた辛い。


急傾斜が続く。


_D750129_R.jpg


踏み抜きも相変わらず多くて、脚も攣るから止まっている時間も長くなる。


風が強くて寒い。


しかもめちゃくちゃガスってるし。


急傾斜&踏み抜き&風&ガスで心が折れる寸前。


しかし、あとちょっとだから!


と自分を騙し騙し登る。


展望が望めないと、ただの苦行を行っているような感じだ。


_D750147_R.jpg


そしてなんとか山頂に到着。


_D750152_R.jpg


エビの尻尾はかなり育っていたが、案の定展望は無い。


平標山、2連敗・・・


山頂も風が強く、めちゃくちゃ寒い。


かなり気温も低いんだろうと思ったら


_D750166_R.jpg


-4℃。


気温はそんなに低くない。


けど寒いから下山。


雪の急傾斜の下りは楽しい。


勢いがついて、半分走っているみたいな感じで下る。


あっという間に半分くらい下ってきた所で昼食にする。


今日は煮込み豚汁ひもかわうどん。


_D750188_R.jpg


しかし作っている間に雪雲がどんどん下の方に降りてきてどんより。


d_D750192_R.jpg


降られると嫌だから食べてすぐ下山したら、途中でスキーで踏み跡が消され


スキーの跡を辿る事に。


踏み固まっていないスキーの跡は踏み抜きまくり。


足が上がらなくなるわ、攣るわで、めちゃくちゃ大変だった。


ツムラの68でも買おうかな。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこぱんちゃん

HN : ねこぱんちゃん



冒険+絶景+飯



外に出れば冒険気分!
好きな事こそ原動力! 




只今コメントの返信は
控えさせて頂いています。

ランキングに
参加しています

ポチッとお願いします
にほんブログ村 アウトドアブログ 外遊びへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

アウトドア(全般)ランキング




カテゴリ

アクセスカウンター