FC2ブログ

記事一覧

根子岳のスノーモンスター






今日はスノーモンスターを見に根子岳へ。


奥ダボススキー場に車を止め、6時半過ぎに出発。


D750_D756703.jpg


アイゼンを装着してゲレンデの脇を登って行く。


まだリフトも動いて無く、誰もいないゲレンデは気持ちが良い。


かなりの急勾配だが、均された雪の上は歩きやすい。


D750_D756740.jpg


アイゼン無しでも大丈夫だったかもしれない。


スノーシューなら、ゲレンデから少し外れれば、未踏みの雪を楽しめる。


D750_D756742.jpg


一時間位登ってくると木に雪がいくらか積もってくるが、これはまだスノーモンスターとは言えないね。


段々風が強くなり、-10度の強風が顔にあたってかなり痛寒い。


D750_D756746.jpg


体感温度は-20度近いかもしれない。


山頂近くになって、なんとなくスノーモンスターになってきた。


D750_D756760.jpg


が、もう旬は過ぎてるのかな?


D750_D756773.jpg


綺麗なスノーモンスターは見当たらなかった。


約2時間で山頂に到着。


山頂も強風でめちゃくちゃ寒い。


D750_D756784 (2)


しかもガスってて展望もなし。


D750_D756789.jpg


しかもコンビニでカップラーメンを買おうと思ってたら、軽井沢からココまでの道中、


開いてるコンビニがなくって買えなかったから


風が当たらない木の陰でコーヒーを一杯だけ飲んで下山。


D750_D756809.jpg


今度はガスっていない日に来よう。





メモ
登り2時間
下り1時間







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

氷瀑 西上州・三段の滝






2月12日


たまには朝飯を食べてから行動しようと、大仁田ダムへ。


D750_D756410.jpg


秘境感があって良いのだが、風があり、肉を焼くのに良いポイントがない。


一度下り、蝉の渓谷へ向かう。


蝉の渓谷の東屋は半ペタ囲いも有り防風的にも良いポイントだ。


ここでしばらく続いている焼肉。


これで今回購入した肉は食べきった。


D750_D756446.jpg


しばらく焼肉はいいや。






朝から焼肉を食べ、向かったのは三段の滝。


大岩・碧岩に登る途中にある滝だ。


この前降った雪で登山道は圧雪+氷状態。


D750_D756489.jpg


滝まではそんなにアップダウンが無いからチェーンスパイクで行ってみる。


と・・・


平らな登山道のちょっと凍った圧雪の上を歩くのにはチェーンスパイクが最高に歩きやすい!


短い爪は引っかからないから調子がいい!


ただやっぱり傾斜とミラーバーンの上はダメだね。


青い氷が見たかったけど、なかなか綺麗な青い氷は見当たらない。


D750_D756521.jpg


D750_D756497.jpg


透明な氷は綺麗だ。


三段の滝にも積雪が。


D750_D756556 (2)


アイスクライマーがとりついていたから


D750_D756548.jpg


コーヒーで一杯やりながら、しばらく眺めてから帰宅。


沢を吹き抜ける風は、雪で冷やされてかなり冷たかった。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

美ヶ原高原・王ヶ頭・王ヶ鼻







昨夜雨が降ったらしい。


って事は、寒い所はもちろん雪だろう。


こりゃもっふもふの新雪の上をスノーシューかな?


と期待に胸を膨らませ長野へ。


途中まで車山か王ヶ頭で迷いながら運転していたが、


雪が少ない時のダメージを考えて王ヶ頭に行くことにする。





やはり昨夜は雪が降ったらしい。


しかも山本小屋に向かう峠道がまたもや除雪前。


D750_D756124.jpg


そこそこの積雪と13%を超える傾斜、Uターンが困難な道幅。


動けなくなる前に広めの場所を探して引き返そうかと弱気にもなるが、


ある程度の勢いでアクセルを踏み続け、滑っても止まらずに上り切る。


良かった、4WDで。





山本小屋に着き、スノーシューを装着して8時に出発。


D750_D756131.jpg


ガッスガスで視界悪し。


D750_D756138.jpg


王ヶ頭は柵があるから歩けるけど、他の山だったら歩いたら確実に遭難するね。


でもホワイトアウトの中のオブジェもカッコいい。


D750_D756161.jpg


王ヶ頭ホテルもガスの中。


D750_D756195.jpg


勿論山頂からの展望も無い。


D750_D756203.jpg


ココら辺まではスノーシュー履かなくても普通に歩いてこれる。


スノーハイクに興味がある人がデビューするのに王ヶ頭は持って来いだ。


これより先、王ヶ鼻に向かう途中からスノーシューの本領発揮だ。


D750_D756219.jpg


今日はスタートが遅かったから、誰かしら踏んでいると思っていたら未踏み!


この白銀の世界、踏まれているのと踏まれていないのでは美しさが全然違う。


D750_D756291.jpg


あ~!幸せ~♪


スノーシューを装着していても膝くらいまで埋まる所も。


D750_D756232.jpg


未踏みの雪の上を歩いてこそのスノーシュー。


人の踏み跡の上を歩くのは雪山登山の時だけだ。


ただ、未踏みを求めて柵の中とか入ってしまうのはNGだと思うのだが、


結構入ってる人いるね。


D750_D756381.jpg


そして王ヶ鼻もガッスガス。


D750_D756238.jpg


たまに数秒ガスがはれて松本の町が顔を出す。


D750_D756253.jpg



もう少し待てばもっと晴れるかな?


と、コーヒーを飲みながら待ってみるが晴れず。


D750_D756266.jpg


諦めて来た道を戻る。


途中で振り返ると


D750_D756288.jpg


晴れてきてやがる!


王ヶ頭近くまで戻り、これから王ヶ鼻に向かう年配の男性1人女性2人の3人グループの人に挨拶すると、


どうでした?


と聞かれ、


行った時はガスってて見えなかったけど、帰って来たら晴れてきましたね!


と答えると、


もう一度一緒にどうですか?


と誘われる。


良いね!こういう人とのふれあい。


だが今日はこれから肉を焼かなければならないから丁重にお断りする。


王ヶ頭でスノーシューを外し、ここからは普通に歩く。


D750_D756324.jpg


広ぇ~!美ヶ原高原!


何度来ても飽きない美しさ。


D750_D756357.jpg


今度は晴れの日を狙って来よう。


D750_D756354.jpg





そして帰りに地元近くで焼肉を食べて帰宅。


D750_D756388.jpg


焼肉は簡単に食べられるから良いね!


後片付けは大変だけど。





メモ

行き 山本小屋~王ヶ頭 約1時間
    王ヶ頭~王ヶ鼻   約20分

帰り 王ヶ鼻~王ヶ頭   約20分
    王ヶ頭~山本小屋 約1時間

休憩 20分





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこぱんちゃん

HN : ねこぱんちゃん



冒険+絶景+飯


 好きな事こそ原動力!

 外に出れば気分はもう大冒険!

ランキングに
参加しています

ポチッとお願いします