FC2ブログ

記事一覧

Iwatani カセットフー タフまる 






Iwataniの風に強いコンロ「風まる」のダブル風防ユニットを搭載したアウトドア用コンロ「タフまる」が


いつの間にか発売されていた。


耐荷重は20kg、発熱量:3.3kW(2,800kcal/h)。


カラーリングはオールブラックでかなりカッコ良く、キャリングケース付きで持ち運びも楽々。


特に必要性も無かったのだが、そのカッコ良さに思わず買ってしまった。


olympP3170004.jpg


カセットフー専用アクセサリーシリーズももちろん使えるから、早速焼肉プレートも購入していざ試焼きへ。


olympP3170010.jpg


そよ風以上木枯らし未満の風が吹き抜ける中で焼いてみる。


風防無しのコンロなら無理だろうなぁ、と思う中でも普通に焼けた。


olympP3170013.jpg


しかしあくまでコンロだから、強風となると厳しそう。


強風の時はタープや風防板とかでもう一風除けしてから使った方が良さそうだ。


風防ユニットは2ピース構成でピン止め固定されていて、このピンを外せば掃除も楽にできる。


アウトドア用に一台あれば重宝しそうだ。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

SOTO ストームブレイカー SOD-372






もうそろそろ雪山は終わりかな?


と言うタイミングでSOTOからストームブレイカー SOD-372 が発売された。


ストームブレイカーは液出しが出来る為、極寒地で強風の中でもお湯が沸かせるという、


シングルバーナーの最終型のようなバーナーだ。


なぜ極寒地でバーナーが使えなくなるかと言うと、ガスが気化温度に達せず、燃えづらくなるから。


今まで愛用してきたSOTO ウインドマスターは0℃近くなるとガスが安定しなくて苦労した。


代わりに購入した中華製のジェネレーター付きのバーナーは風に弱くて苦労した。


今まで何度煮え湯を飲まされ・・・


いや、煮え湯すら飲めなかったのだ。


生煮えのうどんを何度食べた事か・・・


そんな中、いよいよ発売されたストームブレイカー。


ちょいと高いが今までの事を思い出せば買わないわけにはいくまい。


D750P3100008.jpg


税込み22.680円。


バーナー1つにこの値段出すのはそれこそ清水の舞台から飛び降りるつもりだ。


ストームブレイカーはガス缶でもガソリンでも使えるマルチストーブだ。


セット内容はバーナー本体、スマートポンプ、ガスバルブ、収納ケース、バーナーベース、メンテナンスキット 。


D750P3100019 (2)


ガソリンを使いたい場合はフューエルボトルを別途購入しなければならない。


風に強いとされるすり鉢ヘッドには300の炎口と燃料を気化させるためのジェネレーター。


D750P3100023.jpg


ウインドマスターより大き目のヘッドは発熱量3.5kW(3,000kcal/h)と高め。


ガスバルブはワンタッチで接続可能。


D750P3100027.jpg


使い勝手はなかなか良いが、ストームブレイカーには着火装置が付いていない。


まぁ、極寒の中じゃ、着火装置が付いて立ってきちんと作動しないんだろうから、あっても無駄か。


だから回転式のライターかメタルマッチをストームブレイカーとセットにしておかないといけない。


と思っていたら、収納袋にチャック付きのポケットが付いてる。


多分ここにライターを入れておくんだね。





で、その性能を試しに今日は蓼科山へ。


D750_D756955.jpg


かなりの傾斜でキツかったが、山頂は寒くて風があるだろうと予測したのがビンゴ。


D750_D756986.jpg


-7℃で強風だった。


D750_D756998 (2)


出来れば長居はしたくない程の強風。


他の登山者は山頂で写真を撮ってそそくさと下山していく中、一人で腰を下ろしてスタンバイ。


D750_D757003.jpg


風で鍋が、食材が飛ばされそうになるが、なんとか持ちこたえる。


鍋の中身は寄せ鍋うどん。


生の鶏つくねだんごがちゃんと煮えるかどうかがポイントだ。


最初はガス缶は逆さにしないで着火。


ガスが安定していないからぼわ~っと炎が上がる。


ジェネレーターが温まると炎は安定するからガス缶を引っくり返して液出し開始。


ゴーーーっと勢い良く炎が燃える。


煮込むこと約20分(サーモスで持っていったお湯からスタートして)


寒くて止めときゃ良かったと思い始めた頃、鶏つくねだんごもちゃんと煮えて


寄せ鍋うどんの完成~♪


D750_D757011.jpg


アッツアツで最高に美味い!





って事で、ストームブレイカーは極寒の強風の中でも大丈夫という事が証明された。


ただ、これ以上気温が下がるとどうだかは分からないが、唯一つ言えることは


これ以上寒くて強風の中では山飯作りはしたくない(笑)





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

大幽洞窟に辿り着けず






段々気温も上がってきて、もうそろそろ雪も降らなくなるだろうし、スノーシューは車から下ろそうか。


と、車に積みっぱなしだったスノーシューを先週押入れに片付けた。


今日、水上の大幽洞窟に氷筍を見に行ってみると・・・


D750P3030016.jpg


昨日降ったらしく、タイヤの跡はおろか、踏み跡まで消えている・・・


アイゼンで踏み跡を頼りに大幽洞窟まで登るつもりだったのに・・・


こりゃスノーシューじゃないと厳しいぞ!


まぁ、仕方ないから行けるとこまで行ってみるか。


小動物の足跡しか残っていない雪の上を進む。


D750_D756922.jpg


うわ~!


綺麗過ぎる!


D750_D756919.jpg


積雪量は2mを超えていそう。


変な所を歩いて、大変な目に合わないように慎重に進む。


沢沿いを数少ないリボンを探しながら進む。


D750_D756857.jpg


足が埋まって歩きづらい。


傾斜がキツくなってくると、股下まで埋まる。


D750_D756903.jpg


足掻きながら途中まで登ってみたが、かなりの傾斜にギブアップ。


D750_D756894.jpg


でもこの傾斜にこの積雪量は、雪洞が掘れるんじゃない?


って事で、端っこの方で雪洞を掘って遊んでみる事に。


D750_D756891.jpg


一人で過ごすには十分な広さの雪洞が掘れた。


いい汗かいたけど。


中でちょっとのんびりして朝食にする。


D750_D756864.jpg


煮込み天ぷらうどん。


D750P3030026.jpg


美味しい~♪


今日は気温が高い上に、雪洞の中は温かくって、手袋なして食べられた。





そして雪洞は、上に人が乗って崩れて落下すると危険だから、崩してある程度埋め戻しておく。


大幽洞窟には辿り着けなかったが、雪洞で朝食が食べられたから大満足だった。


大幽洞窟はまた今度のお楽しみにしよう。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこぱんちゃん

HN : ねこぱんちゃん



冒険+絶景+飯


 好きな事こそ原動力!

 外に出れば気分はもう大冒険!

ランキングに
参加しています

ポチッとお願いします