FC2ブログ

記事一覧

大物?が釣れた!






なんと金曜日からの3連休だっ!


平日休みは貴重~♪


どこ行く?


土日は混んでるとこ狙うしかないでしょう♪


赤岳?


燕岳?


尾瀬ヶ原?


平標山?


乗鞍?


く~っ!迷っちゃうなぁ~♪


平日なら虫が多少いたって行っちゃうよ~♪


って幸せな悩みを抱えていた7月中旬。





しかし休みが近づくにつれ、近づく台風・・・


土日は台風っぽいが、金曜日だけは雨じゃないのがせめてもの救い。


乗鞍を自転車で上るか?


海に釣りに行くか?


木曜日仕事が終わったら出発して夜釣りもいいね~♪


う~ん、迷うな!


なんて思ってた週初め。




しかし水曜日の午後に、急遽金曜日の午前中が仕事になる・・・


チーン・・・





じゃぁ、せめて平日の午後だけでも堪能しようと、赤久縄の管理釣り場へ。


いつも週末は混んでるしね。


12時前に料金を払いに行くと、この時間はまだ1日料金ですけど、と言われるが全然OK。


10匹持って帰れるしね。


混んでるか聞くと、10人くらいしか入っていない、と。


さすが平日。


4000円払って、いざ釣り場へ。


ってカメラ持って来るの忘れた。





今日は曇っていて気温もそんなに高くない。


絶好の釣日和だ。


それでも暑いことには変わりはない。


ポイントも所々空いているから、そこを狙っていく。


魚達はいくらか食い渋り気味。


ばらしてはリリース、ばらしてはリリースを繰り返して、良い型だけお持ち帰りに。


9匹キープして最後の1匹は大物釣りたいな~!


なんて思ってたらもう4時半過ぎ。


相変わらず釣れるのは普通サイズかそれ以下。


5時も近くなって、じゃぁ次に釣れたやつで最後!


って、最後に本日最大の引き!


デカイの来た~!


ドラグが唸る。


バラすなよ!バラすなよ!


と、慎重に寄せる。


IMG_164255.jpg


やった!


40cm近い?


食べごたえありそうだ。


最後に大物?が釣れて良かった♪





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

そして海へ





猪苗代湖を自転車で一周して、2つの洞窟を十分堪能し、シャワーを浴びてサッパリしたら


いよいよ海でも目指しますか。


お腹も減ったからコンビニでおにぎりとかを買い込んで、移動しながらの夕食とする。


そして到着した海は、小名浜港だった。


もうすっかり暗くなっていたから、今日はもう車の中で就寝。





二日目


4時前に起きて釣り場に向かう。


この時間なのに、かなりの人集り。


みんな早起きだね~!


釣れるスペースをなんとか確保して釣り始める。


まずはジギング。


ひたすら投げてはひたすら巻く。


なかなか釣れん。


晴れたり霧が出たりでなかなか幻想的な日。


D750_D757912.jpg


あまりにも釣れないからサビキを投げておいて朝食にする。


この前買ったホットサンドでパンを焼く。


D750_D757922.jpg


海を眺めながらの朝食も良いね~♪


そしてサビキだと小サバや豆アジが釣れる。


D750_D757929.jpg


D750_D757946.jpg


小さ過ぎて持って帰ってもなんだからリリースする。


そして小サバと豆アジしか釣れないままお昼。


カレーうどんを食す。


D750_D757944.jpg


美味い♪


その後は暗くなるまでぽつりぽつりと小サバ・・・


流石に朝から晩まで釣ってたから腕や首が更に日に焼けて真っ赤っ赤。


痛い。


良いのが釣れなかったが十分楽しめたから帰ろう。


と、帰路につく。


途中で温泉施設(名前は忘れてしまった)に700円払って入場するものの、


日焼けが痛過ぎて、またもやシャワーのみ。


これは高くついたが、サッパリしたから、まぁ、良いか。


そして時間も時間だから途中で寝てから帰る。





三日目


途中で寝てから目を覚ますと、夜明け前。


しかもすぐ近くに港。


何港だろう。


朝飯前にちょこっとだけ竿を出そうかな~♪


と堤防へ。


D750_D757947.jpg


あ~海辺に住んでいる人は毎日こんな景色が見れるのか。


いつかは海辺に住みたい。


そして釣るもまた小サバ・・・


D750_D757957.jpg


6時まで釣って朝食にまたホットサンドでパンを焼いて食べてから帰る事に。


今から帰れば混み出す前に帰れるかな。


名残惜しいが福島県二泊三日の旅はこれにて終了。




そして地元に帰りやっと洗車をする。


フロント周りは虫だらけ。


洗車機に突っ込んでから拭き上げていると、


「この車は寝られるんかい?」


と自分よりちょっと年上のおじさんに声をかけられる。


おっ!ハイエースに興味があるのかな?


と思いつつも


「そうなんですよ。」


と言って拭き続けていると、


「もしかしてインターネットでアレやってないかい?
 なんだっけ、日曜日はじゃなくて・・・
 ・・・週末は・・・
 週末は大冒険!。」


話してみると、かなりのご近所さん。


「どうも車がそうじゃないかと思ってたんだよ。」


「色んなとこ行って楽しそうだね。」


と色々話してくれた。


こんな近くの人に見られていたなんて・・・


恥ずかしい~!


最後にちょっと恥ずかしい思いをしたけど、かなり楽しい三連休だった。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

入水鍾乳洞






あぶくま洞に向かう途中で魅力的な道標が追加された。


それが「入水鍾乳洞」。


どんな鍾乳洞だかは分からないが、あぶくま洞の次に行ってみよう。


と、あぶくま洞から出てきたのが15時半過ぎ。


出てきてからスマホで情報を仕入れると、Aコース、Bコース、Cコースがあり、


Aコースは普段着で入れる観光コース。


Bコースはその先を水温10度の冷たい水に膝まで浸かり、懐中電灯やろうそくの灯りを頼りに、


鍾乳洞の隙間をくぐったり、よつんばいになりながら進む冒険コース。


Cコースは更にその先に進む為、案内人が必要。


との事。


Cコースは5人までで4600円。


1人でも4600円。


受付は15時半まで。


金額も金額だが、時間的にも無理。


いや、時間的に可能ならCコースを選んでいたかもしれない。


じゃぁBコースか?


受付時間は・・・


16時までじゃんっ!


間に合うか!?



慌てて向かうと丁度16時。


駐車場のアーチを見上げると


D750_D757776.jpg


冒険心をくすぐられやってきましたっっっ!www


受付で入洞料を払い説明を受ける。


10度の水にしばらく浸かるので足の感覚がなくなりますが大丈夫ですか?


濡れても大丈夫ですか?


暗いけどライトとかありますか?


カメラ持ってますけど濡れる可能性あるので自己責任でお願いします。


それと時間ギリギリなので、ゆっくり写真は撮れないと思いますがよろしいですか?


17時には帰ってきてくださいね。


オールOKっ!


って事で、いざ入洞。


D750_D757777.jpg


まぁ最初は水こそ流れているものの、濡れたりはしない。


D750_D757778.jpg


ちょっと狭いが、照明もある。


D750_D757785.jpg


D750_D757786.jpg


D750_D757789.jpg


まぁ、ぶっちゃけ、あぶくま洞の帰りに入水鍾乳洞のAコースだけなら寄らない方がいいくらいだ。


しかしBコースに入った途端、状況は一転する!


D750_D757793.jpg


狭く暗い水路を肩や頭をぶつけながら進んでいく。


もちろん水はめちゃくちゃ冷たい。


足の感覚はみるみる無くなって行く。


なんだ?


観光洞にしてこの冒険感!


D750_D757797.jpg


薄暗いチューブライトは部分的に設置されているが、手持ちのライトを消すとほぼ真っ暗になる所もある。


道は一本道だから迷子になる事はないが、狭くて身体の大き目な人は無理かもしれない場所もある。


楽しい~♪


D750_D757814.jpg


D750_D757815.jpg


しかし汚れた鍾乳石をただのライトで照らしただけでは神秘的な空間は生まれない。


D750_D757818.jpg


よつん這いになりパンツまで濡らしながら進む。


カメラだけは水没させないように気をつける。


片手はカメラとライトを持っているから実際はみつん這いだから這い辛い。


中腰で歩けるくらいだとホッとする。


D750_D757824.jpg


D750_D757835.jpg


D750_D757856.jpg


30分くらい進んできたか?


思った以上に奥まで進んできた感が。


そしてBコースの最終地点。


D750_D757859.jpg


このカボチャ岩を眺めてBコース終了。


しかし穴から出るまでが冒険だ。


帰りは極力ライトを使わないで帰る。


が、部分的に真っ暗になるとそこら中ぶつけまくって進めない。


洞窟の中でのライトの重要性を身に沁みて実感する。


一人で洞窟に入る時は予備ライト+予備の予備ライトくらいまで必要かも。


17時前には受付に戻り、温泉半額スタンプををチケットに押して貰う。


パンツまで濡らしたから温泉に入れるのは有り難い。


温泉は入水鍾乳洞駐車場のちょっと上。


星の村ふれあい館だ。


D750_D757905.jpg


通常400円で十分安い入浴代が半額の200円!


ゆっくり温泉に浸かりたいが、日中の日焼けが痛くて湯船に浸かりたくない!


って事で、シャワーのみ。


果たして200円はやすかったのかw


それにしてもかなり楽しい冒険が出来た。


行ってみてよかった入水鍾乳洞Bコース。


つづく




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこぱんちゃん

HN : ねこぱんちゃん



冒険+絶景+飯


 好きな事こそ原動力!

 外に出れば冒険気分!

ランキングに
参加しています

ポチッとお願いします

アクセスカウンター