FC2ブログ

記事一覧

西上州・南牧村・大岩、碧岩






ボチボチ葉も落ちて、いい感じに見通しがよくなってきたから、


今日は南牧村の三段の滝を眺めながら、大岩・碧岩へ。


D750D75_3377.jpg


大岩・碧岩は西上州のマッタ-ホルンとも言われ・・・

・・・って、小沢岳もそんな事言ってなかったっけ!?WWW





朝6時過ぎ、三段の滝の駐車場に到着。


準備をして6時半に入山。


D750D75_3037.jpg


滝までは遊歩道があるが、その先の大岩・碧岩の登山道は険しいらしい。


特に濡れた岩はかなり滑るから注意が必要。


D750D75_3039.jpg


踏み跡もかなり不明瞭だが、


のーたりんの山レポのナオさんの詳しいレポを参考に、


踏み跡よりリボンを気にしながら進むことで、迷わずに済んだ。


滝までの遊歩道はちょっと頼りなさそうな木の橋が多い。


D750D75_3052.jpg


そして岩、巨石、ミニ滝と、ねこぱんちゃんの冒険心をくすぐりまくるシチュエーションで、


写真を撮ったり、岩を眺めたり、沢に降りたりでなかなか進まず、


三段の滝に到着するまでに1時間を要した。


J5DSC_4326.jpg


今日はここから先が長い。


朝飯が、お昼近くになるだろう。


って事で、ここでエネルギー補給にこまつやの生どら焼き(モンブラン)を食べる。


D750D75_3106.jpg


三段の滝を過ぎると、一気に道は険しくなる。


D750D75_3123.jpg


急勾配を登り上げ、沢を登っていく。


奥に進むに連れて、秘境感が増すような気がする。


D750D75_3149.jpg


三段の滝から1時間ちょっと登ると尾根に出る。


尾根をしばらく進むと、大岩と碧岩の分岐点。


とりあえずは大岩へ向かってみる。


D750D75_3174.jpg


あの岩を登るらしい。


D750D75_3175.jpg


ロープや鎖は無い。


しっかりと岩を掴みながらよじ登る。


D750D75_3179.jpg


今まで経験してきた危険箇所とは全然違う危険感。


今までみたいに、近づかなければ安全!とはもう行かない。


行かなければ、先に進めないのだ。


もし足をかけた岩がポロッと崩れたら・・・


もし掴んだ岩がポロッと取れたら・・・


落ちたら重体以上が確定!?


かなりスリリング。


と言うより、怖ぇぇぇ~!


なんとか無事登り上げ、大岩山頂。


D750D75_3180.jpg


眺めは最高~♪


D750D75_3193.jpg



碧岩がすぐそこに。


D750D75_3182.jpg


10時だが、お腹が空いたからここで朝食に。


今日は下仁田、富岡の郷土料理のこしね汁。


D750D75_3212.jpg


「こ」はこんにゃく、「し」はしいたけ、「ね」はネギ、もちろん下仁田ネギだ。


その他、大根や豚肉を入れて煮込み、味噌を入れて出来上がり。


下仁田ネギが12月1日で解禁されたから今が旬な食べ物だ。


軽く食休みをして大岩を下り碧岩へ。


碧岩はロープで登る。


D750D75_3263.jpg


最初は90°だが、足さえきちんと引っ掛ければ大丈夫。


完全自力の大岩より、全然安全の様な気がした。


D750D75_3238.jpg


浅間周辺もまだ雪少ないね。


碧岩山頂でコーヒータイム。


今日は暑くてアイスコーヒー♪


D750D75_3247.jpg


あ~!スノーピークのシングルマグ、かなり傷が増えたね!


まぁ、ザックに吊るしてるしね。


ちょっとのんびりしてから下山。


急坂だから慎重に下り、三段の滝まで戻って、


まつやの生どら焼き(あんこ)とホットコーヒーで一休み。


D750D75_3343.jpg


駐車場に戻って13時半過ぎ。


なんだかんだで7時間も入っていた。


一応GARMIN eTrex 30xのGPSを持っていったが、


リボンのおかげで出番は無かった。


かなりスリリングな大岩と碧岩。


山に対する安全の再認識がちょっと出来た気がする。




関連記事


コメント

記事を読んでいたら、ワクワクドキドキした感じが蘇ってきました(≧∀≦)/
参考にしていただき、本当にありがとうございます!
冒険心をくすぐる道ですよね♪大岩の登りはスリリングでヒヤッとしますよねΣ(゚∀゚︎ノ)ノ
天気も良くて、本当に登山日和でしたね。こしね汁もとても美味しそうです♪
また西上州の山々に挑戦したいです(*´艸`*)

ナオさんこんばんは(^o^)/

コメントありがとうございます。
大岩・碧岩は、かなり冒険心をくすぐられました!
ナオさんが言う通り、カッコいい岩々が無名では味気ないので、「モアイ岩」だの「オーム岩(ナウシカ)」だの勝手に名前を付けて遊びながら歩いてました(笑)
大岩の下りでは、足をかける岩のチョイスを間違えたら思ってもいない方向に進むしかなく、かなりスリリングなルートとなりヒヤッとしましたが。
晴天で暑いくらいでしたが、こしね汁も美味しく食べられて良かったです(๑´ڡ`๑)
早く良くなって、また西上州の山々を楽しんでくださいね(≧∇≦)b

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこぱんちゃん

HN : ねこぱんちゃん



冒険+絶景+飯


 好きな事こそ原動力!

 外に出れば冒険気分!

ランキングに
参加しています

ポチッとお願いします

アクセスカウンター