FC2ブログ

記事一覧

入水鍾乳洞






あぶくま洞に向かう途中で魅力的な道標が追加された。


それが「入水鍾乳洞」。


どんな鍾乳洞だかは分からないが、あぶくま洞の次に行ってみよう。


と、あぶくま洞から出てきたのが15時半過ぎ。


出てきてからスマホで情報を仕入れると、Aコース、Bコース、Cコースがあり、


Aコースは普段着で入れる観光コース。


Bコースはその先を水温10度の冷たい水に膝まで浸かり、懐中電灯やろうそくの灯りを頼りに、


鍾乳洞の隙間をくぐったり、よつんばいになりながら進む冒険コース。


Cコースは更にその先に進む為、案内人が必要。


との事。


Cコースは5人までで4600円。


1人でも4600円。


受付は15時半まで。


金額も金額だが、時間的にも無理。


いや、時間的に可能ならCコースを選んでいたかもしれない。


じゃぁBコースか?


受付時間は・・・


16時までじゃんっ!


間に合うか!?



慌てて向かうと丁度16時。


駐車場のアーチを見上げると


D750_D757776.jpg


冒険心をくすぐられやってきましたっっっ!www


受付で入洞料を払い説明を受ける。


10度の水にしばらく浸かるので足の感覚がなくなりますが大丈夫ですか?


濡れても大丈夫ですか?


暗いけどライトとかありますか?


カメラ持ってますけど濡れる可能性あるので自己責任でお願いします。


それと時間ギリギリなので、ゆっくり写真は撮れないと思いますがよろしいですか?


17時には帰ってきてくださいね。


オールOKっ!


って事で、いざ入洞。


D750_D757777.jpg


まぁ最初は水こそ流れているものの、濡れたりはしない。


D750_D757778.jpg


ちょっと狭いが、照明もある。


D750_D757785.jpg


D750_D757786.jpg


D750_D757789.jpg


まぁ、ぶっちゃけ、あぶくま洞の帰りに入水鍾乳洞のAコースだけなら寄らない方がいいくらいだ。


しかしBコースに入った途端、状況は一転する!


D750_D757793.jpg


狭く暗い水路を肩や頭をぶつけながら進んでいく。


もちろん水はめちゃくちゃ冷たい。


足の感覚はみるみる無くなって行く。


なんだ?


観光洞にしてこの冒険感!


D750_D757797.jpg


薄暗いチューブライトは部分的に設置されているが、手持ちのライトを消すとほぼ真っ暗になる所もある。


道は一本道だから迷子になる事はないが、狭くて身体の大き目な人は無理かもしれない場所もある。


楽しい~♪


D750_D757814.jpg


D750_D757815.jpg


しかし汚れた鍾乳石をただのライトで照らしただけでは神秘的な空間は生まれない。


D750_D757818.jpg


よつん這いになりパンツまで濡らしながら進む。


カメラだけは水没させないように気をつける。


片手はカメラとライトを持っているから実際はみつん這いだから這い辛い。


中腰で歩けるくらいだとホッとする。


D750_D757824.jpg


D750_D757835.jpg


D750_D757856.jpg


30分くらい進んできたか?


思った以上に奥まで進んできた感が。


そしてBコースの最終地点。


D750_D757859.jpg


このカボチャ岩を眺めてBコース終了。


しかし穴から出るまでが冒険だ。


帰りは極力ライトを使わないで帰る。


が、部分的に真っ暗になるとそこら中ぶつけまくって進めない。


洞窟の中でのライトの重要性を身に沁みて実感する。


一人で洞窟に入る時は予備ライト+予備の予備ライトくらいまで必要かも。


17時前には受付に戻り、温泉半額スタンプををチケットに押して貰う。


パンツまで濡らしたから温泉に入れるのは有り難い。


温泉は入水鍾乳洞駐車場のちょっと上。


星の村ふれあい館だ。


D750_D757905.jpg


通常400円で十分安い入浴代が半額の200円!


ゆっくり温泉に浸かりたいが、日中の日焼けが痛くて湯船に浸かりたくない!


って事で、シャワーのみ。


果たして200円はやすかったのかw


それにしてもかなり楽しい冒険が出来た。


行ってみてよかった入水鍾乳洞Bコース。


つづく






コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこぱんちゃん

HN : ねこぱんちゃん



冒険+絶景+飯


 好きな事こそ原動力!

 外に出れば気分はもう大冒険!

ランキングに
参加しています

ポチッとお願いします

アクセスカウンター