FC2ブログ

記事一覧

スノーモンスターを見に憧れの蔵王へ






2月9,10,11の日月火と待ちに待った三連休。


しかも10日の月曜は平日。


これはもう行くしかないだろ!


土日は混んでて遠いところ。


そう、いつかは行ってみたいと思っていた憧れの蔵王!


今年は雪が少ないとはいえ先週は少し降ったみたいだし、今週末は気温が上がるらしい。


この連休しかない!


ちょっと天気が心配だが。


まぁ、行くだけ行ってみよう。


って事で、いざ目指せ蔵王ライザワールド。





深夜に出ていけば日帰りでも行けるだろうが、休み休み行きたいから前泊でのんびりと向かう。


時間があるから、モンベル山形店に立ち寄ってちょっと散財。


DIMG_20200209_144721_R.jpg


メリノウールの極寒用の靴下とか買ってしまった。


高いだけあってただの厚手の靴下より暖かい。


100均Seriaの屋上駐車場から蔵王を眺めると降ってる・・・


D_D752001_R.jpg


明日大丈夫かなぁ・・・










10日、朝。


曇ってる・・・


D_D752002_R.jpg


でもちょっと青空っぽいところも見え隠れ。


晴れるといいな、と出発。


蔵王ライザワールドのリフトを2本乗り継いで樹氷原地帯まで。


D_D752003_R.jpg


8時半からのはずなのになかなか開かないからよく見たらチケット購入はレストハウスだって。


レストハウスで入山届を出してリフト券2枚を購入。


リフト券は1枚350円で2枚で700円。


ちなみに下山はリフトは使えない。


リフトに乗り振り返ると


D_D752008_R.jpg


おおお~。


まだちょっと雲が厚いけど青空も広がってきた。


D_D752013_R.jpg


二本目のリフトに乗ると徐々にスノーモンスターが。


D_D752022_R.jpg


リフトを降りてモフモフの樹氷原地帯をとりあえずツボ足で歩くと、歩けるけど微妙に埋まるし歩きづらい。


軽アイゼンとスノーシューを持ってきたが、スノーシューで登ることにする。


D_D752033_R.jpg


まずは刈田岳まで。


その刈田岳までのルートはめちゃくちゃ絶景!


D_D752045_R.jpg


スノーモンスター自体は根子岳とかでも見れるが景色になったときの絶景感は、さすが蔵王!


と言わざるを得ない。


D_D752061_R.jpg


貸し切り状態。


D_D752069_R.jpg


余計なノイズは雪が吸収してくれるのか、聞こえるのは風の音だけ。


D_D752070_R.jpg


途中で青空も出て、もう最高♪


D_D752087_R.jpg



D_D752090_R.jpg



D_D752094_R.jpg



D_D752096_R.jpg



D_D752110_R.jpg



D_D752117_R.jpg



D_D752141_R.jpg


写真ばかり撮っていてなかなか進まない。


D_D752172_R.jpg


蔵王県境裁判となったリフト跡を登り上がれば刈田岳山頂が見える。


D_D752188_R.jpg


リフトを降りてから約2時間かけて刈田岳山頂へ。


D_D752207_R.jpg


お釜は真っ白。


山頂の鳥居と社は雪祭りの作品みたいに。


D_D752206_R.jpg


そして熊野岳を目指す。


が、風が強くなり寒い。


雲行きも怪しくなる。


しかもエビの尻尾は亀の手みたいに育っているが、スノーモンスターはほとんど無くて見どころが・・・


D_D752259_R.jpg


来るには来たが、写真だけ撮って撤退。


樹氷原地帯まで戻り、ノーモンスターに囲まれながら昼食。


せっかく東北に来たんだからと、


D_D752316_R.jpg


味噌キムチきりたんぽ鍋。


ちょっと違う!?www


食べていると雪雲が下がってきてみるみるホワイトアウト。


D_D752328_R.jpg


目印のポールが数メートル間隔であるが、視界が利くうちにと、急いで下山。


ゲレンデまで戻れば一安心。


D_D752357_R.jpg


車に戻ると本格的に降ってきた。


ナイスタイミング。


青空がちょっと少なかったけど、山頂にも人が少なくて最高の蔵王だった。




関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこぱんちゃん

HN : ねこぱんちゃん



冒険+絶景+飯


 好きな事こそ原動力!

 外に出れば気分はもう大冒険!

ランキングに
参加しています

ポチッとお願いします